プレイヤーS

2842 large
著者 毛野楊太郎
ジャンル: メンズ

「恥ずかしさ」だけは、どんなに訓練し数多く経験しても、受けるインパクトは最初の1回目と変わらない・・・という事を利用する!?それも性的な「あぶない恥ずかしさ」は、全身に電気が走るような快感と表現する程、潜在的な、より本能に近い感情なのでしょう。雨の深夜、コンビニの自動ドアが開いて魅力的な首輪(犬の!?)をしたコート姿の美女とそれを連れている、という表現があっていそうな男性が入ってきす。店員が雨に濡れたコートを床に水滴が垂れると他の客に迷惑がかかるという判断から、コートを脱ぐように声をかけますが、この声自体

こちらのタイトルはスマートフォン以外では閲覧できません。


最上部へ