宇宙戦争 ─まんがで読破─

19世紀末、英国の町に隕石のようなものが落下した。 墜落現場では巨大な円筒状の物体と中から得体の知れない醜悪な生き物が現れた。やがてそれは英国全土を巻きこんだ冷酷非道な侵略戦争へと広がってゆく……。 支配する者とされる者の関係を描き、SFのひとつの原型を創ったH・G・ウェルズの不朽の名作を漫画化。 H・G・ウェルズ(1866~1946) イギリス出身の作家・批評家。ケンジントンの科学師範学校に入学し、生物学を学ぶうちに進化論に興味を抱き、その後生涯を通じて影響を受けることになる。処女作『タイム・マシン』により注目を集め、進化論・社会主義の観点に基づく社会小説・文明批評を発表した。その他の作品に『灯明人間』『モロー博士の島』など。

最上部へ