好色一代男 ─まんがで読破─

幼少の頃より早熟に色恋に目覚めた世之介は、持ち前の色好みから様々な女性と戯れ、自由気ままに愛欲に溺れた波乱万丈な暮らしを送る。思うがままに色恋の道を進む世之介を待つものとは……。生涯において37142人の女性たちと戯れた稀代の「粋人」を描き、江戸時代の文芸最高峰と称される官能的浮世草子を漫画化。 井原 西鶴(1642~1693) 俳人・浮世草子作者。大阪生まれ。15歳の頃から俳諧をたしなみ、自由奔放な句を詠んだ。その後、浮世草子へと活動の中心を移し、41歳のときに『好色一代男』を発刊。物欲・義理・人情などを主題とした好色物や武家物、町人物など多くの傑作を残した。他の作品に『好色五人女』『日本永代蔵』等。

最上部へ