種の起源 ─まんがで読破─

150年続く宗教vs科学の発端!19世紀、人々が神による天地創造を疑わなかった時代。世界を巡り、ガラパゴス諸島の生物たちの営みに触れた自然科学者・ダーウィンは人類の世界観を覆すタブーに気づく……「種は神によって創造されたのではない」人々の批判を浴びながらも、生物学に革命を起こした名著を、ダーウィンの生涯とあわせて漫画化! ダーウィン(1809~1882) イギリスの自然科学者。海洋測量船ビーグル号による世界一周の旅を通して世界中の生物を観察・採集。自然淘汰を発見し、著書『種の起源』を発表。現在の生物学の基礎を確立する。進化論研究のほか、フジツボやサンゴ礁の研究、地質学などの分野においても成果を残した。

最上部へ