水滸伝 ─まんがで読破─

悪徳官僚がはびこり正義も道徳も失われた中国北宋時代の末期。悪官高キュウの罠にはまり無法者たちが集まる梁山泊へ向かった林冲(りんちゅう)だが、そこで道義に生きる好漢たちと出会い、彼らとともに腐敗した国を救うべく悪と闘っていく。 12世紀初頭に実在した反乱の記録を題材に、数世紀にわたる編纂を経て伝えられた中国四大奇書のひとつを漫画化。 施耐庵(したいあん)生没年不詳 元末・明初期の中国の小説家。『水滸伝』の作者あるいは編者の一人とされる人物。詳細については不明であり実在していたかさえわかっておらず、現在も研究が進められている。その他、『三国志演義』『平妖伝』なども執筆したとされている。

最上部へ