続・論語 ─まんがで読破─

「朝に道を聞きてはタペに死すとも可なり」 学問を探求し、生涯人をいつくしむ心を追 求しつづけた儒教の始祖・孔子。 彼の唱えた「生きるための知恵」は、弟子や民衆に多大な影響を与え、信念を貫いた言葉は現代に通ずる教えとなった。 「まんがで読破 論語」の続編として、格言とその言葉に見え隠れする孔子の思想を漫画化。 孔子(紀元前551~紀元前479) 中国春秋時代の魯の思想家で儒教の始祖。仁と礼を論理的行為の根本におく思想を掲げ、徳治政治を達成しようとしたが、当時の体制には聞き入れられず、国政に失望して弟子たちとともに諸国を遊説した。現在では聖人と謳われ、その思想はアジアをはじめ世界中に広く伝えられている。

最上部へ