分析心理学・自我と無意識 ─まんがで読破─

精神科医のユングは、フロイトが創始した「精神分析学」に共感し、交流を深めた。が、志向の違いからフロイトと決別したユングは「無意識」の、より幅広い解釈の必要性を感じ生涯をかけて無意識の探求へと乗り出す。人間の心理を解明し、また神話や錬金術、心霊などにまで幅広い解釈をもたらした、ユング心理学がよくわかる2冊を漫画化。 ユング(1875~1961) スイスの心理学者、精神科医。バーゼル大学で医学を学び、ゲーテやカント、ニーチェなどの影響を受けて心理学の道へ進む。人間の深層心理を探求し、「分析心理学」を創始。現代のユング派臨床心理学の基礎を築きあげた。その他の著作に『アイオーン』『ヨブへの答え』など。

最上部へ