合言葉は劣等感

5662 large
著者 もりたじゅん
ジャンル: 女性

新蔵強子は文芸社のエロ雑誌編集員。名前のせいで心臓が強そうと勘違いされての恥部配属。それでも誇りを持って頑張っている。しかし文芸社の誇り「月刊文芸界」の編集長を務める堀ノ内から、「合わないから辞めなさい」と言われた。頭に来た強子は、「あなた方が灰色の脳細胞なら、私たちは肛門。肛門がなければ人体は成り立たない」と、正論のようなズレてるような持論をまくしたてて…!?

こちらのタイトルはスマートフォン以外では閲覧できません。


最上部へ