蛇の目傘の女―わたなべまさこ恐怖劇場

962 large

雨の降る夜、傘をさしかけてくれる女「……どうぞ…濡れますよ」その傘の下には、優しく深い愛情……美しく哀しい嘘──そして罪。美しい微笑をたたえ、女は罪びととなる…。"真の恐怖"とは…哀しく美しい女の愛と魔性なのだろうか──。

こちらのタイトルはスマートフォン以外では閲覧できません。


最上部へ