きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…』100回イクまでずっと奴隷!?

2020/2/20更新

今回ご紹介するのは、コミックフェスタで配信しているめぬ。先生のメンズコミック『きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…』です。

最近転校してきた藤宮 梨姫(ふじみや りひめ)は、仲の良い友達である文 幸人(ふみ ゆきと)がいじめられている現場を目にします。

梨姫は、主犯格である恩納寺 真紘(おんのうじ まひろ)に幸人へのいじめをやめるよう交渉しに行くのですが、真紘の手慣れた動きに圧倒されて屈服してしまいます。

真紘はいじめを金輪際しないといいましたが、その代わりに梨姫に真紘の玩具になるよう命令してきたのです。果たして梨姫はどのような目にあわされてしまうのでしょうか。

それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。

紹介作品

きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…
めぬ。
「ほら2回目、豪快にイケよ」繰り返し与えられる、痺れるような甘い快感。こんな奴の奴隷になんてなりたくないのに…

仲のいい友達が…

ある日、藤宮 梨姫(ふじみや りひめ)が鼻歌交じりに廊下を歩いていると、男友達の文 幸人(ふみ ゆきと)が前方から全力で走ってくるのが見えました。

梨姫は「やっほー」とあいさつしますが、幸人は「ごめん」とだけ残してそのままいってしまいます。

幸人が向かった先は、恩納寺 真紘(おんのうじ まひろ)をリーダーとするグループの元でした。幸人は真紘にいじめられていてパシリとして使われていたのです。さらにあんまんとあんぱんを間違えて買ってきてしまった幸人は再びパシリとして買いに行かされるのでした。

甘く見ないでよね!

いじめの一部始終を梨姫は見ていました。転校してきたばかりの梨姫にとって友達である幸人があのような目にあっているのは見過ごせないため、梨姫は「今すぐやめて!」と真紘の元へ直談判しに行きます。

しかし真紘の取り巻きたちは応じる様子は無く、からかって梨姫に手を触れようとします。すると梨姫は取り巻きの手を払いドサッと投げ飛ばしました。実は梨姫は中学まで合気道をやっていて黒帯所持者だったのです。このことを知った取り巻きたちは怖気づいて手を出せなくなってしまうのでした。

玩具がないと退屈

しかし真紘は怯えている様子は無く、手を伸ばしゆっくりと梨姫に近づいてきます。梨姫はいなそうとしますが、素早い動きで腕をつかまれてしまいそのまま足を蹴飛ばされ、倒されてしまいます。

すると真紘は梨姫の上で馬乗りになり、玩具がないと退屈で仕方がなく、だから幸人をいじめているのだというのです。

「文はおまえにとってなんなんだ?」と真紘は聞いてきたので、梨姫は「は?決まってるじゃない 友達よ」と言って自分の行動の意味を示したのでした。

お前が俺の玩具になれ

すると真紘はパッと梨姫から離れてもう金輪際、幸人には手を出さないと言い出したのです。取り巻きたちが慌てる中、梨姫は「本当に?」と聞くと「その代わり」と言っていきなり胸を鷲掴みにしてきました。

「お前が俺の玩具になれ」

そう言うと真紘は強引にキスをして舌を絡めてきました。さらに梨姫の服を脱がし、取り巻きたちに玩具にしている姿を見せつけるのです。露わになった胸を揉まれながら舐められてしまう梨姫はびくびくと感じてしまうのでした。

100回イクまで俺の奴隷

真紘は更に卒業までずっと奴隷は可哀想だからと言い

「100回イクまで俺の奴隷な」

と恐ろしいことを命令してきたのです。梨姫は、真紘たちのいいなりにはならないし、幸人のことも自分の力で助けなきゃと思い、「アンタの奴隷になんか…絶対にならないわ…!」と頑なに主張します。

すると真紘は幸人にはもっと酷い目に合わせると脅し、幸人にこれ以上つらい思いをさせたくない梨姫は、嫌がりながらも真紘の言いなりになるしかありませんでした。

アソコを攻められ続ける梨姫は、奴隷にはなりたくはないのに濡れてきてしまう自分の身体に「どうして?」と動揺してしまうのでした。

1回目の絶頂

「それじゃ奴隷記念最初の1回目 イってみようか」と真紘は言い、周囲の取り巻きたちも盛り上がりだしました。

梨姫はここでイってしまったら真紘たちの思うツボだと必死に我慢します。しかし、それに気づいた真紘はクリトリスと中を同時に攻めだしました。いっぺんにいじられたら、さすがに我慢することのできなくなってしまった梨姫は痙攣しながらイってしまいます。

一方、パシリで帰ってきた幸人は梨姫が攻められている現場を目の当たりにします。しかし、扉の陰から状況をうかがうことしかできないのでした。

今回ご紹介するのはここまでです。
梨姫は幸人の代わりに100回イクまで真紘の奴隷にされてしまいました。まだ100回中の1回目。残りはどのようなパターン、シチュエーションで真紘にイカされてしまうのかが気になります。
また幸人は、梨姫が自分の代わりに玩具にされている姿を目撃して何を思うのでしょうか。今後の幸人の行動にも目が離せません。
作品の続きが気になる方は、コミックフェスタで配信中の『きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…』を是非チェックしてみてください。

紹介作品

きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…
めぬ。
「ほら2回目、豪快にイケよ」繰り返し与えられる、痺れるような甘い快感。こんな奴の奴隷になんてなりたくないのに…
< 漫画レポート一覧へ