艶色百物語

4873 large

自分の中に住んでいる2人の私。1人は、普通の女の子、自分でいうのもなんだけど、友達づきあいもよく、勉強だってそこそこ。もち、エッチな話もしますよ。そして、もう1人の私。セックスというか、性的な気持ちよさへの執着というか、人よりエッチへの願望が強いみたい、それもちょっとかたよった!?変なもの、汚いもの、気持ち悪いものも、エッチの小道具にできちゃう、やらしい私。この間も、みんなに「キモイ」と避けられている、デブめがねと言われている男子学生の目線にブルブルって身体が反応しちゃったんだ。どうしよう、変態がとまらな

こちらのタイトルはスマートフォン以外では閲覧できません。


最上部へ