• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『勝田文』

『勝田文』の作品一覧

風太郎不戦日記
のちの大作家・山田風太郎青年が、運命の年・昭和20年を日々綴った日記を、令和となった今だからこそ紐解くべく、漫画化!
小僧の寿し
結婚を取り止めて手元に残ったご祝儀を持って、亜紀が向かった先は…。 表題作『小僧の寿し』、その他3編の食べ物にまつわる読みきりとディケンズの名作『クリスマスキャロル』のコミカライズ作品で編まれたおいしい短編集。 【収録作品】小僧の寿し/チビのおでん/すいかドライブ/ととせの鴨/クリスマスキャロル
あいびき
銭湯にあるのはマイナスイオンだけではない――!? 半年前に離婚し、家業の地域密着型銭湯「山の湯」で働く鞠。そこでは、様々な人情劇が繰り広げられていた…。他4編収録。 【同時収録】木俣くんの手品/サマー・ジョブ/ペイ・デイ/妹の花火
愛蔵版 あのこにもらった音楽
母親の死後、のどかな梅木旅館に引き取られて育った梅子。旅館の一人息子で元(?)天才ピアニスト・蔵之助のピアノを子守歌に育った梅子も、もうすぐ花の大学生。そこになんと音信不通だった、ドイツ人の父親が現れた…!! ナチュラルな感性とシャープなセンスで人気の勝田文。ざわついていた心を優しくフラットにしてくれます。
しゃべれども しゃべれども
国分太一主演映画の原作小説を勝田文がコミック化! クソ真面目な落語家がナゼか落語教室を始めることに…だが生徒は厄介者だらけで!? 作画:勝田文 原作:佐藤多佳子『しゃべれども しゃべれども』(新潮文庫刊)
マリーマリーマリー
鍼灸師のリタは、往診で行った先のライブハウスで「ワンダー」と歌うあやしい男と出会った。ブルースのミュージシャンでギターを弾く森田という名のその男は、リタに超接近! そして二人は…!? これが、今一番キュートで奇妙なケッコン・コメディ!!
ウランバナ
お寺の隣にある花屋の娘・佐保。彼女の日課はインドの王子の情報チェック!! 王子に恋した佐保の不毛な思いは届くのか!? 禅寺ご近所さんの心温まるロマンチック・コメディー。 【同時収録】近くの他人/ダブル プレイ
Daddy Long Legs
舞台は昭和初期。身寄りのないいつきに思いがけない援助の話が舞い込んだ。条件は月に一度手紙を書くこと…。「あしながおじさん」を原作にお茶目な恋を描く表題作他3編収録! 【同時収録】天馬/パーラー/シンガポールの月
ちくたくぼんぼん
時は昭和初期。奉公のため東京へ来たイワは善行に励め!というじい様の言いつけを守り、道端のコウモリを助けたり病弱な青年を拾ったり…。都会には珍しいものが落ちてるべー!【収録作品】ビーチ・イズ・ビューチフル
最上部へ