• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『都戸利津』

『都戸利津』の作品一覧

花ゆめAi ホームドラマしか知らない
「嘘解きレトリック」の都戸利津、待望の新連載! 小6の夏休み、2人暮らしの父親から家を出るように言われた怜央。再婚した母を頼って、義理の兄と初めて対面することになった怜央の前に現れたのは…?(38P)(この作品はウェブ・マガジン:花ゆめAi Vol.17に収録されています。重複購入にご注意ください。)
怪盗かまいたち
予告状通りに國宗邸から宝石を盗み出した「怪盗かまいたち」。現場に居合わせた男が話す、その驚嘆すべき手口とは…!? ロマネスク・ミステリー、待望のコミックス化!!
燈港(トウラン)メリーローズ
20世紀初頭、東西の文化が交わるアジアの港町・燈港(トウラン)。遠縁のエドガーの手紙を頼りに、長い船旅の果てに燈港を訪れたアゼリア。だがエドガーの姿はなく、罠に陥ったアゼリアの前に怪しげな男が現れ…!?
群青シネマ
進学校・徳誠堂高校に通う栄朝日・里見たまき・弥方京一郎の3人は、3か月前に東京の大学へ行ってしまった水野先生を楽しく驚かせる方法に頭を悩ませていた。そんな時、学校で8ミリシネカメラを見つけた3人は、先生がいる大学で開かれる自主製作映画祭の告知を目にして!?
環状白馬線 車掌の英さん
シティを円くつなぐ白馬線で、車掌の英(はなぶさ)さんは今日もいろんなお客様と出会い、別れてゆきます。「乗り合わせると幸せになれる」と噂の英さんと白馬線が運ぶ、小さな奇跡と幸せの物語です。
嘘解きレトリック
時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!?
最上部へ