• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『マルモトイヅミ』

『マルモトイヅミ』の作品一覧

火の月水の月
砂嵐の中で倒れたセムナーンは、ガオと名乗るこどもに助けられる。荒廃した世界を温かに描く牧歌的なファンタジー。
お天気雨日和
全校生徒の憧れの先輩に告白された夕子。浮かれ気分の帰り道に、不思議な天気雨に遭遇し、けがをした子狐を保護するが…。
僕の倖せ
成仏できない幽霊となった友達のために、犯人を探す奇妙な数日間が始まる。
なんにもない景色
小学校卒業と同時に引っ越していった里菜ちゃんが、久しぶりに帰ってきた。思春期の友情を繊細に描いた短編漫画。
夜の半分
多数決で文化祭の準備委員にさせられた林慶一。ある夜、一人で晩ご飯を食べていると、同じく一人で遊んでいる女の子と目があった。
埠頭へ日の出を見にいこうよ
みどりの小学校以来の友人の宙也は、宇宙が大好きだった。医大に行くために勉強を頑張っていたが、本当は…。
校庭に吹く風
転校生のトモは、前の学校でいじめられていた。そんなトモに「一緒に遊ばない?」と中川かもめは元気に声をかけた。
黒鳥館事件
森夏海(もりなつみ)は、山奥のお屋敷に暮らしている嵯峨沢早紀(さがざわさき)の家庭教師をすることになった。ある日、早紀くんが苦しみだして…
空への伝言
高校2年生の貴文(たかふみ)は、死んだ親友の元気(もとき)から鈴を預かっていた。それを生みの母へ持って行き…
小猫横丁
失恋した少年・ヒロは骨董屋の少女・夢路にさそわれ不思議な路地に連れていかれ、「小猫横丁」のCAFE青猫で一休みする。
最上部へ