• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『朝丘サキ』

『朝丘サキ』の作品一覧

勘違い魔女は討伐騎士に愛される。
故郷を滅ぼされて以来、魔女一族の生き残りとして、ひっそり隠れて暮らしていたエレニー。彼女はある日、魔女の討伐を命じられたという騎士・ヴァルフェンに剣を突きつけられてしまう。だが、彼はエレニーに惚れたと言い出し、彼女を担ぎ上げて仲間の騎士達から逃げ出した! 訳がわからないながらも、家に戻ることもできず、エレニーは...
【単話売】彼はかわいいナイトモンスター
ゼッタイ秘密の真夜中LOVE
勘違い妻は騎士隊長に愛される。
麗しい騎士隊長様のもとへ、政略結婚で嫁入りした伯爵令嬢のレオノーラ。しかし、旦那様は手を出してこないし、会話すらろくにない毎日……。そんなある日、旦那様の元恋人だという美女が現れる! 彼女に別れるよう迫られたレオノーラはあっさりと同意し、旦那様に離縁をもちかける。ところが、彼は激怒して離縁を拒否! しかも、ずっ...
星の少女とツンデレ伯爵
天然魔法使い×ワケあり貴族のハッピー三ツ星ロマンス☆☆☆
華麗なる獅子のお気に召すまま
俺が、遊んでやろうか?なんてボク言えるわけないよー!! 豹変王子との身分差LOVE★
王子を飼い始めた件について
魔法使い少女と人形にされた王子様のドキドキ同居生活☆
嘘つきなシーク
とっさの嘘から始まった真実のLOVEストーリー♪
【単話売】華麗なる獅子のお気に召すまま
完璧な王子様にはヒミツがある!?
人質王女は居残り希望
赤子の頃から人質として大国イスパニラで暮らすブランシュ。彼女はいつも優しく接してくれる王太子・リカルドに憧れていた。そんなある日、王位を継いだリカルドが人質達の解放を宣言! しかし、ブランシュは祖国に帰れば望まぬ結婚が待っている。それにまだリカルドのそばにいたい――。そこで、イスパニラに残り、女官として働くこと...
王立辺境警備隊にがお絵屋へようこそ!
ある日、美大生のカズハは、マンホールの穴に落ち、なぜかそのまま異世界トリップしてしまった。大混乱の彼女を保護してくれたのは、王立辺境警備隊の隊長・アルベリック。彼からもう元の世界には帰れないと知らされたカズハは、この世界で生計を立てるべく、にがお絵屋をオープン! しかし、描いた絵がいきなり動き始めて――!? ち...
裏S王子の欲情レッスン!妄想女子はえっちな漫画がお好き
「カラダに教えてあげる」二人の学園王子のエッチな欲情レッスンが始まる。――授業中に恋愛漫画を描いていたら、学園王子の須藤君に見つかってしまった・・・須藤君に恋愛漫画の描き方を教えてやるって、強引に呼び出される恋人でもないのに・・・キスされたり、長い指先でカラダをくまなく弄られたり、「ダメッ、そんなものこすりつけ...
淫らな授業~悪魔のキスは終わらない…
「教室では入れないでっ」教え子に無理やり下着を剥ぎ取られ、熱く強引な舌と長い指で秘所を弄られる。 新人教師の宮城は問題児の瀬田を更生させようと放課後2人で話していた。普段に比べやけに素直!?―― 「イイよ、ただし先生がヤらせてくれたらな」突然キスされ、絡まる舌。私の初めてをオモチャのように弄ぶ。 痛いのに...
脱いだら採用!?ブラック面接~内定条件は、俺にイカされること~
「ほら…ここが濡れないんなら内定はあげられないよ?」脚を広げられ面接官にそんなこと言われたら…身体も気持ちも抗えない!
鋼将軍の銀色花嫁
訳あって十八年間幽閉されていた伯爵令嬢シルヴィア。そんな彼女に結婚を申し込んだのは、北国の勇猛果敢な軍人ハロルドだった。強面でつっけんどんなハロルドだが、実は花嫁にぞっこん一目惚れ。最初はビクビクしていたシルヴィアも、不器用な優しさに少しずつ惹かれていく。けれど彼女の手には、絶対に知られてはいけない“秘密”があ...
先輩、本気で抱いてもいいですか?~焦らしてされたら、奥で何度も…~
「感度いいんですね」敏感になった秘部をじっくり愛撫されたら声出ちゃう…。元彼の乱暴なHがトラウマのOL皐月は残業中、そのことを後輩・小野に打ち明けたら「俺になんとかさせて下さい」なんて言い出して!?
エ□メンだらけの男子寮~獲物は私ひとりだけ!?~
「やだ?こんなに濡れてんのに?」そんなとこ舐めちゃダメぇ…。母に代わり男子寮の寮母を任された花。挨拶代わりにいきなりおっぱい揉まれて、入浴中は男子達に乱入され無防備な脚を開かれて…この寮キケン過ぎ!
寝てる間にイれないでっ!~ドS社長に弄られて~
OLの茜は帰り道に『睡眠屋』と名乗る怪しい男に出会う。男は、夢の中でHな事をしてストレス解消をしてくれると言う。怪しみつつも、ちょっとだけなら…と受けてみることに…。茜が目を覚ますと、そこには裸のイケメンが!しかもイケメンが迫ってきて、流されHをしてしまう。どうせ夢だし…と軽い気持ちでいると、なんと翌日、オフィ...
最上部へ