• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『木村晃子』

『木村晃子』の作品一覧

銀襴緞子
伝統を残す小さな村「蓮花部(はすかべ)」。秋の日差しが照らし出すさびれたホームに、今年16歳になる少女・藤村こづゑは降り立った。幼い頃に離れて以来、なぜか心を魅かれ続け、いつかは帰りたいと思っていた場所だ。出迎えてくれた祖母は、開催が近づく「秋祭り」の主役を演じてほしいと言い出す。懐かしい場所をそぞろ歩くうちに...
見つめられた悪魔
結婚適齢期を迎えつつある小暮瞳はデパートの受付嬢。恋愛、仕事もなんとなく宙ぶらりな状態。本当はスリリングな探偵にでもなりたかったのに…。ある日の帰宅時、デパートの地下駐車場で叫び声と共に、手に血のりをつけて走り去っていくひとりの男を目撃する。翌日、昨日のことが殺人事件だったというニュースが流れ、あの男の顔が脳裏...
哀愁のダッシュマン
疾風のように現れ悪を倒す、正義の味方《ダッシュマン》。金曜5時から好評放送中! 変身ヒーローの鮮やかな活躍は、元気あふれる幼稚園児・森川光太の小さな胸をおどらせていた。母の律子は、そんな息子をやさしい瞳で見守っている。しかし、亡くなった夫が残した秘密が、親子に危険を招いてしまう…!? ダッシュマンのスーツアクタ...
ラム亭のちいママ
戦争の爪あとが残る昭和20年代、ある町で小さな酒場が営まれていた。「ラム亭」という名のその店は、安酒を楽しむ客でごったがえしている。経営者の夕雨子(ゆうこ)は、線が細いけれど芯の強い女性。今日もまた、学校をサボっていた甥っ子・哲太を大声で叱りつける。哲太は喜怒哀楽の落差がはげしいこの伯母と、憎まれ口を叩きあいな...
らぶらぶタイムアタック
無口でクール、仕事には義理堅く超硬派なトラック乗り。人呼んで《鬼の弦》!! そんな彼にも家に帰ると愛する妻がいるのだが…妻の名前は千花子。ドールデザイナーでぬいぐるみ作りが趣味の超乙女チックな女の子だった。ある日、せっかくの休日に急な仕事が入り、仕事へと向かおうとした弦にぎっくり腰が襲いかかった!! 身動きがと...
ヴァージン・ロードをぶっとばせ!
かつて暴走族で先頭をきって走っていた花子も、今はもう大人の女。その気になれば、恋愛も結婚も自由なハズ。しかし、働いているガソリンスタンドには昔の族仲間がいつも集まり、作業ツナギは油でどろどろ。色恋沙汰とは無縁な、変わりばえのしない日常を送っていた。そんなとき、ロールスロイスに乗った御曹司が花子の前に現れて……。...
101Kgワンちゃん!!
家賃取り立てにおびえる貧乏な予備校生・弘は、ある雨の日に1匹の捨て犬と視線を合わせた。相手のサイズは尋常でなく大きく、さては噂に聞くセントバーナードという奴かと弘は考える。いずれにせよ、狭苦しいアパートにかくまえるような代物ではない。そのまま見過ごそうと思ったが、犬のあくび声にうっかり振り向いてしまったのが運の...
夏祭り
子供の時に見つけた「心の宝物」。懐かしい風景とセピア色の思い出。あなたはあの頃に、なにか忘れものをしていませんか……? かつて子供だった大人と、やがて大人になる子供のためのノスタルジックな傑作集。
ういちゃん的シリーズ
好奇心いっぱいのういちゃんは、幼稚園に通うとっても元気な女の子。大人顔負けの鋭い観察力から、コワイお姑さんや、偉い政治家、外国人さんなど、どんな人たちもタジタジです。一緒にいる父ちゃんや母ちゃんは、いつもハラハラドキドキ。でも、正しいことを言うういちゃんのお陰で、最後はなぜかみんながハッピーに! アットホームコ...
最上部へ