• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『横山まさみち』

『横山まさみち』の作品一覧

てんぐ大将
幕末の動乱が迫る嘉永3年、子宝を求めて多羅岳の天狗大明神に願を掛けた、薩摩の国川内の郷士・岩田卯之助の妻・梅。 それによって授かったのが、吉之助だった。並外れた一物の持ち主で、生まれついての商才とスケベ心に長けた吉之助は、 10歳で本家の磐田酒造所に奉公し、13歳で島津公の側女・小夜と初体験を果たす。薩摩と英国...
柔道山河
勉学とスポーツ、友情と愛情。この両立は可能か不可能か――ここに、誰もが苦しみ悩みぬかねばならぬ幾山河がある――。松尾中学三年にして柔道部主将・酒巻。名前に関するコンプレックス、柔道にかける熱い想い、ほのかに芽生える恋心――時代感覚あふれる空気感を、丁寧な筆致で切り取り描かれる青春グラフィティ。
青春にキック
城東大学卒の大山正は、母ひとり子ひとりの一家を支えるために大学院進学を諦め、朝陽学園の新任教師としてやってきた。着任早々、他の先生たちが引き受けるのを嫌がる落伍者のふきだまり、サッカー部の顧問になる。宮地、権田をはじめとする部員たちにサッカーを通して人の生き方を教えていく!学園のつまはじき者たちの集まり、サッカ...
最上部へ