• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『志村裕次』

『志村裕次』の作品一覧

やさぐれ雀鬼
関東一円を取り仕切る神竜組の末娘、神竜夕子。女子高生ながら彼女の背中に入った昇り竜の入れ墨は鉄火場で生まれ育った証。ヤクザな世界の身の上ながら曲がったことは大嫌い。少女たちを食い物にする悪を叩き潰すために麻雀勝負に挑む! 神竜夕子シリーズをはじめとして、若さゆえの暴走、出世と女を賭けた麻雀など人の心の隙と歪みを...
麻雀鳳凰城
西暦2050年、核戦争のあとで暴力が支配する時代となった荒廃した世界。3人の若者、大文字タケル・矢動丸拓磨・神宮ヒカルは世界の闇に君臨する謎の存在、鳳凰城へと旅立つ。城へとたどり着くためには、彼らの前に立ちふさがる12人の門番を麻雀勝負で倒さなくてはならない。はたして3人の目的は何か、そして鳳凰城とは何なのか!...
風の雀吾
中国での麻雀修行を終えて、日本に帰ってきた榊雀吾。そんな彼を家で待っていたのは、何者かに襲われて虫の息の父・白翁斎だった。白翁斎がかつて編み出し、そして封印した悪魔の雀技「雀神技」が、麻雀界に革命を起こそうとする集団「夜叉連合」に奪い去られたのだ。雀吾は父の遺言に従い、「雀神技」を再び封印するため「夜叉連合」と...
やわ肌雀士
家族の幸せを奪ったイカサマ雀士に恨みを晴らすため、自ら麻雀の道に飛び込んだリッコ。女豹の異名を抱いて裏の世界に身を置き、ひたすらに勝負に挑む。人としての幸せも、女としての幸せもそこにはない。ただ麻雀の道を極めるため、リッコは今日も卓に向かう!
海雀王
塩飽(しあく)水軍の血を引く、魔灘太郎(ぬまなだたろう)は、父の遺した青竜丸を改造し、瀬戸内海を統一しようとするが多くの敵に阻まれる。武力と麻雀、そして人間としての魅力で敵を破り、仲間を増やしてゆく灘太郎。「まるごし刑事」の渡辺みちおが放つ超ド迫力アクション!!
最上部へ