TL - 社長 コミック一覧

夏都みや
「お前以外、抱かないって決めてた」8年ぶりに再会した元カレは、飢えを満たすように熱く激しく求めてきて…
姫嶋ひまり
「この瞬間だけ、俺の事好きになればいいんじゃない?」職場とは違う雄の表情した社長…初めてなのにすごく感じちゃう!!
夏都みや
「お前以外、抱かないって決めてた」8年ぶりに再会した元カレは、飢えを満たすように熱く激しく求めてきて…
漫画に描いたエッチが現実に!?初めての激しい快感に、敏感なカラダは限界寸前!!リアルってこんなに気持ちイイの…!?
響らっこ
「可愛い…もっと感じさせてやりたい」発情で火照った身体…友達でいたいのに、本能に抗えなくて…!
杞憂千
「お前に似合う男は、俺だけだろ?」2人きりの社長室。スーツを脱がされたら最後、カラダとろけるほど抱き尽くされて…
響らっこ
「ココこんなにトロトロにして…キスだけで感じたのか?」ハーフ美男子の極上すぎる舌ワザ…そこ、ぺろぺろイジメちゃだめ…っ
三咲なお
身体中のビンカンな部分を執拗に弄られ、何度もイカされて…奥までもうトロトロ…。これが会社の極秘プロジェクトってどういうこと!?
あまね琥珀
大好きな彼を、セックス中に殺すなんて…!殺し屋として生きる少女・莉亜奈の次のターゲットは、彼女が愛した男だった――!
くろみさ
甘くてとろけるキスに乱され、垂れた蜜が肌の熱で溶けて…。いじわるなガテン養蜂家のセックスは、蜂蜜のように甘かった――
「俺が一生食わせてあげる…だから俺に食われて?」10年ぶりに再会した幼馴染に、奥まで何度もトロけさせられて…
「俺が一生食わせてあげる…だから俺に食われて?」10年ぶりに再会した幼馴染に、奥まで何度もトロけさせられて…
七海かずさ
「『嫌だ』って言ってもやめねぇからな」私に触れることを20年間我慢してきた幼馴染は…貪るように、飢えを満たし始めて…!
七海かずさ
「『嫌だ』って言ってもやめねぇからな」私に触れることを20年間我慢してきた幼馴染は…貪るように、飢えを満たし始めて…!
結衣まどか
秘書として多忙な日々を送る奈々は、社長の秋月と恋人同士になったばかり。年上で紳士な彼だけど、最近少し様子がおかしい。デート中にうわの空だったり、女物のハンカチを持っていたり…。何か隠し事をしているような態度に浮気を疑っていた。そんなある日の会食中、ひょんなことからライバル会社の社長に口説かれてしまう。困っていた...
権田原
「俺を10分でイかせてみろ」憧れ社長の恋人になった、恋も仕事も猪突猛進の環。教えて欲しいのは仕事なのにエッチで感じちゃう!
サウロ
「感じやすイカラダを持て余してるんだろ?」旅行先での一夜の相手はなんと上司だった!彼氏がいるのに何度もイカされちゃう!
コダ
「今すぐSEXを覚えろ」吸い付くような唇、鋭い眼差し、彼の痺れるような熱が私の敏感なところに容赦なく侵入してきて…。
伊達ユキル
「…ここはどう感じる?」問われても言葉に出来ない巧みな愛撫に、もうアソコはビショ濡れ…!こんなの記事にできないっ!!
蜜村ハチ
深夜の社内エレベーターで、上司に敏感な部分をトロトロになるまでイジられて、ゴーインに奥まで挿れられちゃう!
猫川たら子
生活が苦しいOL・琴は、副業でバーのバイトを始めることに。学生時代、キスもエッチもできず彼氏にフラれた琴に優しく声をかけてくれたのが、バーの店長・東雲(しののめ)だった。見た目も中身もチャラいけれど、いつも気遣ってくれる東雲にずっと惹かれていた。そんなある日、日頃の無理がたたって仕事中に倒れてしまい…。目を覚ま...
蜜村ハチ
優しくて強引な彼とのHはいつも寸止め。何故なら彼は、楓にセッ●スをさせないために未来からやってきた公安警察だったのだ!
たかみやはいり
「羨ましいんでしょ?仕事中にこんなの見ちゃうくらい」――淫らに触れられて愛撫だけでイっちゃう…こんなエッチ…初めて…!
やまかみ梨由
「アソコがじゅくじゅくしてキウイみたいだな」―山奥にいたのは超肉食のガテン系男子だった…!?新規プロジェクトのため、オーガニック農園を訪れた独身OLゆりな。そこにはたくましい筋肉をたずさえたイケメン社長が!意気込んで取引を直談判するゆりなだが、あっさり断られてしまい…。契約を締結させたいあまり、つい「何でもしま...
藤宮緑
強制的に与えられる初めての快感…心とは裏腹にカラダは敏感に反応してしまい…。どうしてお父さん…その夜、私は監禁された。
日野塔子
「きゅうきゅう締めつけてくる君が悪い」秘書初日、初対面の社長に処女を奪われたまつり。これが専属秘書の仕事内容で!?
おとねこね
閉じ込められた男と女、ヤルことはひとつ… もうこの気持ち、止められない――
渋谷百音子
「楽しい調教の再開だ」元カレに脅され淫らな調教を受けるみさお。婚約者がいるのに、カラダは昔の快楽を覚えていて…!?
虎井シグマ
「っ…指一本でもきついな…」走る馬車の中、着物をむかれて吸い付かれ…私の敏感なソコは、強い快楽に震える。
虎井シグマ
「っ…指一本でもきついな…」走る馬車の中、着物をむかれて吸い付かれ…私の敏感なソコは、強い快楽に震える。
最上部へ