一般 - ComicFesta限定 コミック一覧

「僕が君を幸せにします」~イ・ジュウォン社長は愛を誓う 著者藤本ベーカリー
「やっと再会できたんだ。もう離したくない」元カレ韓国人社長との再会。昔は遊ばれていただけ、そう思っていたのに――。
夜伽が禁忌のこの世界で【フルカラー】 著者くりゅう
「俺と子作りするんだろ?」王子と交わす、初めての熱い夜。一度夜伽を知ってしまった私たちは、もう戻れない――
ずっぷん!!ダイエット【タテヨミ】【フルカラー】 著者大三元/芦谷あばよ/ありまなつぼん/studio73
「5㎏痩せたら私のパンツを見せます」…と先輩に約束したら、50㎏痩せてイケメンに激変!?でも、ご褒美にエッチなんて…っ!
かなえ先生はバブらせたい【フルカラー】 著者霜也
「いっぱいぴゅっぴゅしましょうね~?」子供のお世話が得意な美人保育士は、おじさんの下半身のお世話も大好きで…
あの日、ずぶ濡れだったあの子と…【タテヨミ】【フルカラー】 著者浦崎イシヲ/薄荷えん/影追い/studio73
「雨…やまなきゃいいのに…」濡れ透けな女子と自宅でふたりきり…。再びの据え膳展開を前に、今度こそ俺は選択を間違えない…!
ヤミツキチュウ~私の人生で一番気持ちイイ唇~【タテヨミ】【フルカラー】 著者黒崎エーヨ/9兵衛/トミヤマ/studio73
「キスだけでスキになったの、初めて――」俺のキスで「ヤミツキ」になった女の子たちは、そこから先まで求めてきて――!
みだらな熱、旦那様のくちづけでほどける初夜 著者野木せいや
「俺がお前のいやらしい身体の責任をとってやる」とまらない発情…この欲を満たせるのは旦那さま1人だけ――
シエスタ~お昼寝休憩は眠れないほどキモチイイ【タテヨミ】【フルカラー】 著者聖護院神楽/こけし☆メン/鬼子母神うさぎ/studio73
「一緒にお昼寝シませんか?」この会社の昼休みは、世界で一番エロかった――
沼らせお姉さん~カノジョとできない事、ぜんぶ~【フルカラー】 著者庭トリ
彼女のカラダを知る前に、味わってしまった極上の快楽。しかもその相手は、彼女のお姉さんで――
深爪の王~セクシー男優がいじめられっ子に転生したら~【フルカラー】 著者円堂さや
清楚JKも、生意気ギャルも、欲求不満な先生も…いじめられっ子に転生したセクシー男優が自慢のテクで無双する!
どうか、私をオトナにしてください~捨てられた少女は遊郭で愛でられる 著者hiromyan
「男を手玉にとる方法を教えてやる」甘く優しく触られて、ゾクゾクと身体が快感を覚えていき…こんな感覚、知らない…!
白衣を脱いでシたいこと【フルカラー】 著者夢野
勃起が収まらない青年の前に現れたのは、欲求不満な人妻ナースでした。
ドライな同期の溺愛癖 著者碧依ぺき
「好きだ…このまま連れ帰りてー」頭の中で私を抱いてる、無表情な変態同期。2人きりになったら、もう妄想だけでは終わらない…
ヤレバトブ【タテヨミ】【フルカラー】 著者麻生音次/ねこあか/ゆなまろ/studio73
異世界で美少女パーティに囲まれて、やっと必要とされる世界に来れたと思ったのに、ヤレばまた現実世界に飛んでしまうなんて…!
生贄のアラサー処女ですが、冷徹魔王に甘く焦らされています 著者福部たけい
「お前は極上の処女だ」アラサー処女、異世界で魔王様に寵愛されています
セーラー服の悪魔~先生、私を抱けますか?~ 著者矢吹
細い肩、未成熟の胸、嗅ぎ慣れないシャンプーの匂い。身を滅ぼすと分かっていても、”悪魔”の誘いに抗えない…
最高なのは、溺愛系ダメ男 著者綿瀬花
「気持ちよくなれば、悩みなんて吹っ飛ぶよ」ダメ男にカラダも心も満たされて…家に上げたが最後、抜け出せなくなってしまった…
からめるカリキュラム【フルカラー】 著者梅楓味
「私は…Mなんかじゃない、のにぃ…ッ」ナマイキだった教え子が、ベッドの上では甘く喘いで…秘密の授業は、まだ終わらない――
ホストに狂わず恋がしたい! 著者カトウロカ
「俺にシて欲しかったんじゃないの?」No.1ホストに抱き寄せられ、迫られて…プロの誘惑に抗えない…っ!
にょたいか島のメス当番 著者輔艮
「今日のメス…君だから」無人島に漂着した男8人…不思議な力で女体化してしまった僕は、飢えた男達の性の捌け口にされ…!?
ほしがりません。今世は。~元悪役令嬢はスパダリ上司に溶かされる~ 著者Peco★
「もっと奥まで触れさせて」甘い囁きに心が揺れる…。結婚したい。今世は身の程をわきまえて、堅実に生きなきゃいけないのに…!
無敵の年下くん【フルカラー】 著者ヤマダモカ
年下男子なんて大っ嫌いのはずなのに、気づけば近づいていく唇…「恋愛禁止」の同居ルール、もう破っちゃいそうです…!!
ろっくおん!~ベッドのナカで定まる照準 著者さつきあしゃ
「あ、アタシのじゃ…おっきくならない…?」ED治療のため、サバゲー女子はカラダを差し出し…――
最上部へ