『CocoCheek』のコミック一覧

桂タマミ
「辞めたくなることないんですか?母親とか職場での役割とか」ふいに囁かれたその言葉に、年甲斐もなく心は強く掴まれて…
竹中ゆかり
2人きりのオフィスで同期に押し倒されて…残業中の男女がセックスに発展することが本当にあるなんて…?
モト
閉じ込められたのは…今日で2回目。逃げられないまま強引で深いキス…こんなとこ見られたら、また噂されちゃうのに…!
茉美ポテト
「俺、あんたみたいな隠れビッチ、無理なんだよね」完璧な擬態がバレてしまった私は、ビッチの卒業を決意した――…
駒込
奪われる唇、触れ合う甘い体温…「婚活なんてやめろよ」ってつまり、プロポーズ!?
和泉春歌
「初めてが恐いなら、先生とするか?」スカートの中に滑り込む先生の指先、漏れてしまう熱い吐息。これが私のエッチ初体験…!?
和泉春歌
「初めてが恐いなら、先生とするか?」スカートの中に滑り込む先生の指先、漏れてしまう熱い吐息。これが私のエッチ初体験…!?
モト
閉じ込められたのは…今日で2回目。逃げられないまま強引で深いキス…こんなとこ見られたら、また噂されちゃうのに…!
藤本ベーカリー
「やっと再会できたんだ。もう離したくない」元カレ韓国人社長との再会。昔は遊ばれていただけ、そう思っていたのに――。
うつぎゆあ
「ここはそういう場所だろ?」ラブホのSMルームで先生に押し倒されて…!?どうしよう、逃げられない…!!
本尾みゆき
何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…
青山春兎
「俺は恋愛してても勝ってみせるし――お前ともシたい」びしょ濡れのまま、真っすぐな瞳に見つめられ…!?
綿瀬花
「俺は妥協で選ばれる男じゃないんだよ」甘いキスで私を弄び、不敵に笑う彼。こんな自信家なヤツにどん底から救われるなんて――
綿瀬花
「あなたのペットにしてください」自宅に押し掛けてそう頼んできたのは、ヤクザ…!?どんな命令も聞くなんて言われても困る…!
綿瀬花
「そういう声、出すんだな」幼馴染の突然のキスに思わず漏れる熱い吐息。友達と一夜を過ごしたら、何が変わるの…?
綿瀬花
「俺が欲しいのは煙草じゃなくて…あなたです」二人きりの喫煙所で引き寄せられて触れる唇は、火傷しそうな程熱くて…。
くにしげ
「ずっと好きでした」部下がはじめて見せた雄の顔。男に敬遠されてきた女社長、どうしたらいいか分かりません…!
ささサカリ
「アオちゃんならいいよ。俺のこと、束縛してよ」意地悪で甘い彼の誘い。抗えずにキスしてしまった──私たち恋人じゃないのに…
COTA
「旦那様…だめっ」首筋に絡みつく熱い舌、耳元で聞こえる荒い息。遊郭で働く少女はある夜、禁断の扉を開いてしまい…
桂タマミ
5年ぶりのセックスは超、気持ちイイ…息もつけないキス、パンストをはぎ取る大きな手。私たちは互いを何度もむさぼり合った。
キャノーラ優
「俺、今発情中だから―」保健室、温もりを求めるように優しく、幾度も唇を重ねる柳原くん。彼は、「セックス依存症」でした。
湊はつはる
「枯れモノ同士、もう一回咲いてみようぜ?」この夜を境に、枯れてた私の生活は180度変わった…
金森ケイタ
「若者の性欲、舐めるなって言ったよね」近づく彼の顔、上昇する体温…体は時々、私に無断で暴走する…
うつぎゆあ
「ここはそういう場所だろ?」ラブホのSMルームで先生に押し倒されて…!?どうしよう、逃げられない…!!
金森ケイタ
「若者の性欲、舐めるなって言ったよね」近づく彼の顔、上昇する体温…体は時々、私に無断で暴走する…
桂タマミ
「辞めたくなることないんですか?母親とか職場での役割とか」ふいに囁かれたその言葉に、年甲斐もなく心は強く掴まれて…
本尾みゆき
何にでも点数を付けるマウント女子の美咲…幼い頃に見下していたある女性との再会で、彼女の儚い120点の現実が揺らぎ始める…
福部たけい
「君の艶やかな声を聞かせてやれ」私の婚約者に見せつけるように愛の言葉を囁く王子。寝取りから始まる甘美な溺愛ストーリー!
竹中ゆかり
2人きりのオフィスで同期に押し倒されて…残業中の男女がセックスに発展することが本当にあるなんて…?
hiromyan
「男を手玉にとる方法を教えてやる」甘く優しく触られて、ゾクゾクと身体が快感を覚えていき…こんな感覚、知らない…!
最上部へ