哲也 ~雀聖と呼ばれた男~

41巻完結!
作品のあらすじ

勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ……。「雀聖(じゃんせい)」蘇る!! 伝説の勝負師、無頼作家・阿佐田哲也(あさだ・てつや)の青春! 昭和20年――終戦。16歳の哲也は生きる希望を見失うが、博奕場の真剣勝負を体験することで気力を取り戻す。もっと強くなりたい! もっと勝負がしたい! そんな哲也は運命の糸に導かれて、進駐軍の米兵が支配する横須賀の裏通りに向かった。命をやり取りする闇麻雀の世界で、駆け出しの“坊や哲”は生き残れるのか……。

1

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   1巻

価格:420pt

あらすじ
勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ……。「雀聖(じゃんせい)」蘇る!! 伝説の勝負師、無頼作家・阿佐田哲也(あさだ・てつや)の青春! 昭和20年――終戦。16歳の哲也は生きる希望を見失うが、博奕場の真剣勝負を体験することで気力を取り戻す。もっと強くなりたい! もっと勝負がしたい! そんな哲也は運命の糸に導かれて、進駐軍の米兵が支配する横須賀の裏通りに向かった。命をやり取りする闇麻雀の世界で、駆け出しの“坊や哲”は生き残れるのか……。
2

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   2巻

価格:420pt

あらすじ
今の俺なら……誰にも負けねえ! 横須賀を去り、哲也(てつや)が新たな勝負の舞台と定めたのは新宿。順調に勝ち進んでいたかに見えた哲也の前に、一人の男が現れた。「おめえのは所詮(しょせん)昼間の麻雀だ。“遊び”なんだよ」。玄人(げいにん)の“力”が哲也を打ち砕く――。強くなりたい!! 師匠・房州(ぼうしゅう)から様々な技を吸収する哲也は、真のギャンブラーとして目覚めはじめた。
3

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   3巻

価格:420pt

あらすじ
新宿で、師匠である房州(ぼうしゅう)とコンビ打ちをはじめた哲也は、負けしらずの快進撃を続けていた。怖いものなどなにもないと思っていた哲也だが、ある日、房州がサイ振りをしくじってしまう。「俺の頂点(ピーク)はおわった」。突然ツキを失った房州を気遣いつつ、その勝負で天性の強運を発揮した哲也。「もう教えることはなにもない」。そう告げて房州は新宿を去っていった。また一人になった哲也はいつしかこう呼ばれるようになる――“坊や哲”と。
4

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   4巻

価格:420pt

あらすじ
新宿にその人ありとうたわれる凄腕の玄人(バイニン)、その名も“坊や哲”!! そんな哲也(てつや)の前に、新たなる敵が忍び寄る……。「俺には牌(はい)が透けて見えるんだよ……」 死神のような姿となり、新宿最強となった哲也の前に現れた旧友・印南(いんなみ)。その百発百中のガン牌が、哲也を窮地に陥れる!!
5

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   5巻

価格:420pt

あらすじ
声と引替えに天から強運を授かった女雀士“不死身のリサ”と、坊や哲のコンビは、連戦連勝の快進撃だった。だが、とある男を見かけた途端、突然リサの力が消えた! 「玄人(バイニン)ってのは、落ち目の奴の逆を行くんだ……!!」 リサの勘を信じず、自力で勝ちを呼びよせた哲也は、リサとのコンビを解消する。東京の賭場(とば)で出入り禁止をくらうようになった哲也とダンチは、千葉まで遠征することに。その賭場で哲也は、思わぬ男と再会した!!
6

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   6巻

価格:420pt

あらすじ
“ドラ爆の鷹”に一矢報いるため怒りの哲也、立ち向かう。“裸になってもらうぜ……おっさん――!”
7

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   7巻

価格:420pt

あらすじ
賭場を荒らすダンチに哲也が一局勝負を申し入れた。“やってやろうじゃねえか坊や哲――!!”
8

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   8巻

価格:420pt

あらすじ
“見つかったんや……俺の型(フォーム)がよ──!!”久しぶりに再会した近藤は不敵な笑みを浮かべ哲也に挑む──!!
9

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   9巻

価格:420pt

あらすじ
“こんな幸せな気持ちが途切れるわけねえじゃねえか──!!お前は俺の……女神だ!!”
10

哲也 ~雀聖と呼ばれた男~   10巻

価格:420pt

あらすじ
哲也が請け負った“雀荘掃除”。待っていたのは最強コンビ!! “この人達、人の心が読めるんだから……”

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く

他の人はこちらも読んでいます