ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで

10巻まで配信中
作品のあらすじ

学校では“空気モブ”な高校生・三森灯火は、クラスメイトとともに勇者として異世界に召喚された。しかし、次々と周りがS級やA級の才覚を見出される中、“廃棄対象”となるE級の才能しかないと宣告されてしまう。 救済を求める彼にクラスメイトが向けたのは蔑みの眼差しで……。 そして、召喚主の女神ヴィシスにより生存者ゼロの遺跡に廃棄される。 絶望に満ちた奈落の底で煮えたぎる復讐心を抱えた少年は、ハズレ枠と誹られた【状態異常スキル】で魔物を蹂躙する! 「何をしても生き残る――クソ女神に一発くれてやるまでは」 かつてモブだった廃棄勇者が最強の悪魔へと至る逆襲譚、開幕!!

1

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
学校では“空気モブ”な高校生・三森灯火は、クラスメイトとともに勇者として異世界に召喚された。しかし、次々と周りがS級やA級の才覚を見出される中、“廃棄対象”となるE級の才能しかないと宣告されてしまう。 救済を求める彼にクラスメイトが向けたのは蔑みの眼差しで……。 そして、召喚主の女神ヴィシスにより生存者ゼロの遺跡に廃棄される。 絶望に満ちた奈落の底で煮えたぎる復讐心を抱えた少年は、ハズレ枠と誹られた【状態異常スキル】で魔物を蹂躙する! 「何をしても生き残る――クソ女神に一発くれてやるまでは...
2

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
生還率ゼロの廃棄遺跡を脱した三森灯河は、大賢者アングリンが残した禁術大全を頼りに動き始める。常時発動の絶対防御『女神の解呪』を持つヴィシスを倒すための力を求めて。そして、森で偶然出会った女騎士からミルズの街の場所を教えてもらい、さらに女神にも通用するかもしれない『禁呪』の存在と≪禁忌の魔女≫の情報も入手。 「俺のスキルと埒外の禁呪…この二つが合わさればあるいは――」 新たな可能性を見出した灯河は、まず道中で仲間にしたスライム・ピギ丸の強化をするべくミルズの街の遺跡攻略に乗り出す! その心を悪...
3

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
三森灯河を見捨てた元クラスメイト達は、女神ヴィシスに過酷な戦闘訓練を強いられていた。 唯一灯河を庇ったS級勇者・十河綾香も、クラスメイト達を守るためにヴィシスと対立したことで目を付けられ、苦境に立たされてしまう。 一方その頃、灯河はミルズ遺跡で女騎士・ミストと共闘。前衛の味方がいることの心強さを実感していた―― 「なるほど。仲間がいるというのは、こういうものか……」 復讐という目的のため、力を欲する灯河は何物をも利用することを厭わず、力を蓄え邪道を進み続ける! その心を悪に染め、...
4

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
正体を暴かれ、世界最強の黒竜騎士団に追われることになってしまったセラス・アシュレインは、灯河を巻き込むまいと一人姿を消した。 彼女の善良さに育ての親に通じるものを感じた灯河は、救うべくその後を追い、すんでの所で救うことに成功する。 だが、騎士団を率いる人類最強の男シビト・ガートランドが現れたことで事態は一変―― 「選択肢によっては、ここで終わるかもしれない」 魂喰いを越えるであろう圧倒的強者の前に、灯河は笑う。人類最強を出し抜き、勝利をもぎ取る為の駆け引きが始まる! 心を悪に染め...
5

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
三森灯河が人類最強・シビトとの死闘を乗り越えていた頃、元クラスメイト達は女神の指示によりレベル上げを続けていた。 桐原、小山田、安ら一部のA級以上の勇者は固有スキルを得て増長、自身の力に酔っていたが、女神の代理人・ニャンタンに圧倒されてしまい、彼女の管理下に置かれるのだった。 一方、忠誠を誓う姫騎士・セラスと共に出た灯河は、禁忌の魔女がいるという金棲魔群帯へ向かう道中に蠅王なる悪魔の伝承を知り―― 「俺は善の勇者ってガラじゃない。悪魔の方がしっくりくる」 女神に仇なす組織を作ること...
6

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
女神を抹殺するための旅に出た灯河は、賑わう王都で素顔を隠すための装備――“蠅王の仮面”を入手。対女神の「蠅の王の傭兵団」として活動を開始した。更なる力を求める灯河は、《禁忌の魔女》の居場所を王都最強の血闘士である豹人・イヴが知っているという噂を聞く。情報収集の末、イヴの目的が奴隷の少女リズの救出であること、そして、イヴを殺そうとする闘技場の陰謀を知った灯河は、リズに非道を繰り返していた主人を見つけ出し――「地獄行きに決まってるだろうが。俺もお前も」イヴに加勢してもらうべく、ナイフを握るその手に力を...
7

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
王都最強の血闘士イヴ、ダークエルフのリズと共に、灯河は《禁忌の魔女》が棲むという“金棲魔群帯”に向け歩みを進めていた。 一方、イヴを見世物として利用していたズアン公爵は灯河たち一行を捕まえるべく呪術師集団“アシント”を派遣。 知略を誇る親玉・ムアジに率いられたアシントの魔の手が迫ってくるも、灯河はいとも簡単に迎撃してしまう。 更なる追手に対しても、新たな仲間であるイヴが持つ想定を凌駕する戦闘力で、蹂躙し尽くし―― 「ここで俺たちが、おまえを逃がすと思うのか?」 己に降り掛かる火の...
8

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
呪術師集団・アシントを壊滅させた灯河たちは、女神を凌駕するための『禁呪』を追い求めて、遂に“金棲魔群帯”へと足を踏み入れた。 その地には女神の手引きによりクラスメイトも来訪しようとしていて・・・・・・。 一方、悪魔の伝承になぞらえ“蠅王ノ戦団”と名乗り始めた一行は 血闘士・イヴの持つ地図を頼りに、更に魔群帯の深部へと進み、目撃した者が殆ど殺されているが故に実体が謎めいている凶悪な魔物――“人面種”と邂逅を果たす。 隙を見せない敵に仲間と連携し、難なく攻略したかと思われたが 人面種の放った...
9

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
金棲魔群帯に棲まう凶悪な“人面種”の軍勢を相手に灯河が熾烈な戦いに身を投じていた頃――時を同じくして クラスメイト達も来る大魔帝軍との戦いに備えその地を訪れていた。 戦力強化を図るも、ステータスの格差や仲間の死を巡り軋轢が露呈。 そんな中、仲間とはぐれた小鳩は意外な人物と邂逅を果たし・・・・・・? 一方、灯河は経験値の取得とレベルアップを繰り返すことで己の限界を超え、新たなスキルを獲得―― 「全てのスキルを使い生き残る。お前たちはもう終わりだ」 押し寄せる魔物を蹂躙し、遂に『禁...
10

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった...

価格:660pt

あらすじ
「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、凶悪な魔物が棲む“金棲魔群帯”を潜り抜け、遂に《禁忌の魔女》エリカのもとへ辿り着いた灯河たち。 『禁呪』を得るに相応しいかどうかエリカに腹の内を探られるも、イヴやリズの説得が功を奏し、彼女の棲み家へと誘われて――? 一方その頃、大魔帝の軍勢が本格的に人類への侵攻を開始。 歴戦の勇士や各国の兵と共に、クラスメイトが対大魔帝軍として編成されることに。 それを知った灯河もまた次なる策を打つ―― 「邪悪の始末は、同じ邪悪の側――この俺がつければいい」 ...

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く