黒死館殺人事件 ─まんがで読破─

館に秘められた謎と怨念!プロヴァンヌの城壁を模した降矢木家の館「黒死館」。この館に住まう人たちを陰険朦朧たる怪事件が次々と襲う。刑事弁護士である法水麟太郎は、神秘思想・占星術・心理学・暗号学など多岐にわたる西洋知識を駆使し黒死館の謎にせまる。日本三大奇書のひとつに数えられ、「アンチミステリー」といわれる小栗虫太郎の代表作を漫画化! 小栗 虫太郎(1901~1946) 東京出身の推理小説作家。本名小栗栄次郎。京華中学校卒業後、小説家を志す。『完全犯罪』の執筆により探偵小説家として文壇デビュー。超人的なまでの西洋知識をふんだんに使ったペダントリー的作風で人気を博す。その他の作品に『人外魔境』『白蟻』等。

最上部へ