女王が愛した海賊

16世紀のイギリス、貴族の娘マーガレットは11歳で父を失った。父は後見人としてクリストファーを指名し、彼女が成人したら夫婦になるようにという遺言を残していた。だがまだ幼いマーガレットは、有名な海賊の右腕である彼を怖がり、彼もまた距離をおく。時は経ち、遺言どおりふたりは“偽り”の婚姻関係を結んだ。すべてが順調に思えたマーガレット。だが今になってクリストファーと本当の夫婦になることが求められてしまう! しかし彼にその気はなく…!?

最上部へ