誘惑の街角

ジュリアはひとりの男性を待っていた。ビジネス界の大物、リカルド・ファブリーニ。事故死した兄の妻がかつて結婚していた男だ。亡くなった兄夫婦のひとり娘をジュリアはずっと育ててきた。そしてかけがえのない存在である姪の将来を案じ、すべてを彼に打ち明けるべきだと思ったのだ。目の前に現れたリカルドは圧倒されるほど魅力的だが、傲慢な口ぶりで呼び出されたことをさんざんなじる。けれどジュリアは逃げたい気持ちを押し殺し告げた。「あなたには娘がいるの」

最上部へ