• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『川原正敏』

『川原正敏』の作品一覧

修羅の刻 織田信長編
【『修羅の刻』11~13巻、13巻裏を収録した合本版!※内容はコミックス発売当時と同様です。】累計1700万部突破と人気シリーズ「修羅の刻」が2019年5月2日発売「月刊少年マガジン6月号」より再始動!これを記念して、「織田信長編」を1冊で読める特別版を電子版限定で発売。【あらすじ】時は戦国、下克上の世に一九歳...
海皇紀
陸に領土を持たぬ海の一足、その守護神”影船”を操る謎の男ファン・ガンマ・ビゼンの正体とは!? 川原正敏が描く壮大なる海の冒険浪漫、満を持してここに発進!
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝
紀元前・中国……大陸は一人の男によって初めて統一される。後の世にはその本当の名より、初めての皇帝「始皇帝」の名で知られる絶対者の支配は苛烈を極めた。その支配者を討たんと、一人東に向かう男あり……名を張良(ちょうりょう)、字を子房(しぼう)という。後の天才軍師・張良を主役に据えた川原版“項羽と劉邦”堂々開幕!!
修羅の門 第弐門
ヴァーリー・トゥード決勝を戦い終えた陸奥九十九(むつ・つくも)は、ジャングルへと姿を消した。ケンシン・マエダと戦うために――。そして2年を超える刻(とき)が過ぎ、雷(いかずち)に似た技を使うマスクマンがリングに上がる。彼の男は帰ってきた陸奥九十九なのか……?
修羅の門異伝 ふでかげ
『修羅の門』異伝登場! ――陸奥九十九(むつ・つくも)と死闘を演じた、イグナシオ・ダ・シルバ。不倒の空手家は、フットボールの世界でも天才だった! そして、そのイグナシオが実力を認める一人の少年が日本に帰ってくる。ある「約束」を果たすために――。『修羅の門』のキャラクターも登場! 川原作品初のフットボールストーリー!
修羅の門
「千年不敗」恐るべき伝説を持つ武術、陸奥圓明流。その技を継ぐ少年・陸奥九十九による新たな伝説の幕が今、開く――!!
修羅の刻 陸奥圓明流外伝
宮本武蔵が吼え、剣が唸り、血しぶきが舞い、稲妻が走る! それを受けるは、陸奥八雲! 陸奥圓明流外伝、時代劇となって見参!
最上部へ