• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『松尾しより』

『松尾しより』の作品一覧

78893 large
ニューオーリンズに降る雪
美しく冷酷な大富豪に非情な賭けをもちかけられて…
77820 large
余命-命をかけた最期の恋-
ついに彼と幸せになれる! 約束された未来へ向けて走り出したその矢先、突然のガン宣告。目の前が真っ暗になり呼吸すらできない! なんで私が? 一体どうしたらいいの? 暗闇の中苦しみぬいて涙も涸れたころ、ようやく私にわかったこと。それは、彼を愛している! なにがなんでも幸せになってやる! だから私は生き抜くんだ!! ...
67926 large
シークの愛した客室係
身分違いのあなたに、私は何を許そうとしていたの!?
60840 large
恋愛劇場
まだバージンだなんて知られたくない…あの人には。
56152 large
秘密の小さな姫君
冷たいブルーグレイの瞳が、私を捕えて放さない――…
53185 large
偽りの別れ
私を裏切った悪魔のような彼との、突然の再会――。
49782 large
大富豪と愛を語る花
最悪の出会いから運命はまわりだして――。
48935 large
古城が呼ぶ愛
蔑みのまなざしで私を見つめる美しい彼は誰なの?
32048 large
清らに たかく ハンサム・ガール
来年2013年NHK大河ドラマに決定した新島八重。会津のために描きたいと作者が取材を進めていたのも八重でした。八重は幕末のジャンヌ・ダルクと呼ばれ、男勝りの一面だけをよく取り上げられます。しかし、本当の八重はどうだったのでしょうか。夫を想い、家族を、会津を大切にする心優しい女性―――これが著者の考える八重の姿で...
30077 large
出口のない海
人間魚雷「回天(かいてん)」。それは、発射と同時に“死”を約束する、「最後の特攻兵器」である――。悲劇的なる太平洋戦争末期、それでもあざやかに燃える“戦時の青春”を描く、感動ストーリー!! 甲子園優勝投手でありながら、大学野球をあきらめた悲運の青年・並木浩二(なみき・こうじ)。恋人との“果てなき想い”を信じつつ...
22270 large
八重~会津の花~
時は幕末、会津戦争で銃を手に戦ったひとりの女性、山本八重。運命に翻弄されながらも、懸命に生きて命がけの恋をした八重の半生を描く!!
21267 large
咲けや この花
マンション・仕事・恋人を手に入れ充実した毎日をおくっていた薫。だが、予期せぬ妊娠をきっかけに受け継がれていく命を思った。自分より前の世代がつらい時代を生き抜き、恋をしたからこそ今の自分がいる。そんな母や祖母の恋を知りたいと思った―――。戦中、戦後、平成と3世代にわたって、時代に翻弄された男女を描いた意欲作!
1494 large
君がくれた太陽
戦前から被爆、そして復興の道をたどった広島の強さを伝えたいと、漫画家・松尾しよりが事前取材を重ねて紡ぎ、その圧倒的な世界観が今大きな話題を呼んでいる注目作品。「少女漫画において、あの日の広島をここまで描いた作品がこれまであったか?」という声に反映されるとおり、新聞やテレビなどで取り上げられ、大きな反響を呼び、1...
64 large
空と海のあいだ
昭和18年、太平洋戦時下の信州、長野が舞台。貧乏ゆえの家庭の事情で、16歳にして、一度も会ったことがない十和田一臣(トワダカズオミ)のところに、東京から嫁ぐことになった美津子の運命は!?
最上部へ