• TOP>
  • 著者一覧>
  • 『諏訪緑』

『諏訪緑』の作品一覧

ひすいの国 ―徐福と始皇帝 奇伝―
紀元前3世紀、西の辺境小国・秦(しん)。窮屈な宮廷生活を嫌う第4王子の政(せい)は、素性を隠し、街でとある商売をしていた。ある日、政は街の工房で徐福(じょふく)という少年に出会い、彼に興味を持つ。だが、彼らの邂逅は、中国大陸を揺るがす大いなるうねりを巻き起こすことになり――!? 中国初の統一国家を築いた秦の始皇...
シノワズリ・アドベンチャー
不老不死の薬を求めて江水を遡る、夏邑(かこく)の技師・無彊(ぶきょう)。気合いで人や動物の動きを止められる、驚愕屋の眉寿(びじゅ)。 ふたりの奇想天外な旅の行方は!? 中国の古代遺跡、三星推の遺物が彩る、シノワズリ・アドベンチャー、第一弾!
玄奘西域記(げんじょう さいいきき)
三蔵法師のモデルといわれ、天竺への西天取経を成しとげた玄奘。だが、当初、彼は兄・長捷の通訳兼護衛にすぎなかった。そのうちに…!? 7世紀のオアシス・ロードを舞台に繰り広げる、人気の歴史ファンタジー。ファン待望の第1集!!
うつほ草紙
琴を司る清原家の御曹司・俊華牙(としかげ)は、16歳ながら遣唐使副使に任ぜられ、乳兄弟の琴職人・春音(はるね)と共に日本を発った。だが、その抜擢には陰謀が!? そして、船は嵐に襲われて…。ファンお待ちかねのオリエンタル・ファンタジー第1集!!
諸葛孔明 時の地平線
後漢(ごかん)末期。朝廷軍の将軍・曹操に、朝廷への憎悪をむき出しに立ち向かってくる少年がいた。彼こそが諸葛亮孔明―軍師として史上名をはせた天才の、若き日の姿である。諏訪緑が満を持して挑む新世紀の「三国志」! 三国時代前夜、乱世を舞台に、孔明の少年期から青年期を描いた第1巻。
三蔵法師の大唐見聞録
実はケンカが強くて、熱血漢だった? 『西遊記』でおなじみの三蔵法師。盗まれた貴重な経典を追って再び旅に出ることに! 玄奘が再び大暴れ! いま注目の歴史物に一石を投じる、古代中国ロマン、ついに刊行開始です!
諏訪緑ファンタジー短編集
独自の視点で描く良質な歴史漫画を数多く上梓し、歴史好きの漫画読者から長年支持されている諏訪緑。 その初期の短編+コミックエッセイを新規に編纂した『ファンタジー短編集』が、全2巻で刊行! 単行本初収録の短編+コミックエッセイを加えた、ファン待望の短編集です。 カバー描き下ろし。巻末に描き下ろしのあとがきも...
西の国の物語 ペルシア神話より
月刊flowers増刊「凜花」に好評連載中の神話シリーズを収録。遠い遠い西の国に伝わる伝説の霊鳥スィームルグ。その息子たちに育てられた青年ザールの愛と冒険の物語。収録作品:霊鳥のお気に入り/霊鳥は大いそがし(前後編)/ヨナの受難
最上部へ