TL - 恋愛 コミック一覧

駒込
「ずっと…好きだった」10年分の想いを告げられながら、カラダ中を隅々まで愛撫され…彼の激愛に、心身共に溺れ喘ぐ。
神崎柚
「妹の代わりに俺の子を産んでもらおう」結婚に愛など無い。そう思っていたのに…冷血軍人の指は意外にも甘く熱く猛っていて―…
ひさまつえいと
「俺は何度もしたよ おまえを抱く想像」募った想いは激しい愛撫に…ゾクゾクするほどオクまで愛されて――…! 0日婚からはじまる、一途な幼馴染の執着ラブ♪
なるせまこと
働きすぎ副社長×内気家政婦 もだもだ・・・あまあま・・・10歳差溺愛ラブ!
海原ゆた
「乱れた姿も全て隠さず見せてくれ」片思い相手と契約結婚!? 初恋を拗らせた騎士公爵×純真無垢な箱入り令嬢の溺愛ラブロマンス★
菜花
「不純異性交遊、俺らはしてもいいでしょ?」こんなチャラ男教師、大嫌いなのに…熱く鋭い視線を拒めなくて
杞憂千
「もう俺なしじゃイケないね?」カラダの相性抜群の元カレとの再会。指先が、舌が、触れる度、忘れていた熱を思い出し…
ハナマルオ
「好きだ」両側から甘い声で囁かれて、二倍熱くなるカラダ。大切な友達二人と一緒になんて、ダメなのに…!
はながたみあや
「どうか私の子を産んでくれないか」王子の甘いキスだけで腰砕け…。1000年に一度のカラダの相性って、こういうこと…!?
いち
「今夜はまだ、夫婦だよ?」離婚前夜なのにオクまでずっぷり満たされて…まさか私たち、カラダの相性最高なんじゃ…!?
つきのおまめ
「僕のオナニーで興奮した?」年下イトコ・薫の執愛から奈々子はもう逃げられない。淫靡な罠に堕ちて、甘美な快楽に沈んでいく…
ずっと好きだった元ヤン幼馴染と就職先で再会。でも大人になっても妹扱いのままで我慢崩壊、淫らな誘惑で彼の理性を狂わせて!?
茸太
「ハジメテ…俺の口でもらってもいいですか?」気だるげな同僚の気持ちいいおくちで、奥までトロけて熱くなっちゃう…!
うな
「すげーいい顔すんね…そそられる」――ただのダメ男かと思ったら、実は一途に溺愛してくる「惚れたらキケン」な男で…!?
フジュ
「お前のナカに…俺の全部、ぶちまけてえ」大嫌いな奴にむさぼりつくされて、極上の刺激に乱れる思考。甘い疼きが止まらない…っ
佐鳥百/踊る毒林檎/ache
「ただの親切なわけないだろ…下心あるに決まってんじゃん」 26歳保育士の京子はまわりが次々結婚しているのに、恋に臆病で、お付き合いできないことに悩む日々…。後輩に誘われた合コンで自称やる気がない公務員勇助に出会う。酔っ払った京子を介抱してくれて、なんていいひと…って思ってたら、豹変してきて…っ!?豊満な胸を揉み...
碓水まよ
(こんな感覚、知らない…)大きな腕に包まれて、つま先まで甘く痺れたら、初めての快感が押し寄せてきて――不器用同士が恋の仕方を”開発”していく、むずキュンオフィスラブ♪
宮越和草
「いい声出すなよ、その反応たまらないな」好きとかどうとか言葉になる前に、彼の指に翻弄され…カラダ中が甘い快感に…乱される
あずたか
「君はそのままで美しいよ」【憧れのオジサマ王弟殿下(※マッチョ)】×【元・アラサー喪女の伯爵令嬢】ピュアで淫らな年の差ラブロマンス開幕!
駒込
「聖女の身体、この魔王が頂こう」激しく貪られ、悪役相手にじんわり濡れる私の秘部。性欲ゼロのはずなのに快感が止まらない…っ
吉川丁/さくら蒼
運命を感じた相手が、じつは大嫌いなアイツ――!? 【一途な拗らせハイスペイケメン】×【恋愛嫌いな初心OL】の溺甘レンアイ攻防戦!
こにさじとも
「私の指に絡みついていますよ。いやらしいですね・・・」執事が豹変!?胸をしゃぶり尽くされ、アソコをXLサイズで満たされたら・・・!
宮崎うの
「今宵、お主に女の悦びを教えてやろう」快感を知らない無垢なカラダは毎夜暴かれ淫らに濡れる。
小雨
「…これ以上は、俺も止められないよ?」控えめだった彼の雄の顔、重なる熱に浮かされてーーこの度ワンナイトで処女卒業!?
駒込
じゅるじゅると音を立てて、激しく舐めてくる上司の舌先――夜這い相手を間違えて、こんなことになっちゃうなんて…!
サウロ
王妃になれるのは王子殿下の子を産んだ女だけ。悪女はびこる恐ろしい大奥で、王妃の座を手にすることはできるのか――?
Meg
「あぁ…ようやく会えた」気弱だった幼馴染が、頼もしい国王様に成長!?逞しい腕の中、一途な愛を注がれて…――
奈子
「15年分の想い、受け取ってくれる?」私より『大人』になっても、あの日の『少年』は一途に私を愛し続けていた…
至田けい
「どっちもなんて欲張りだね」片想い相手の上司には、仏頂面なはずの私の気持ちが、全部ダダ漏れで…快感ぜんぶ満たされて…
いづみ翔
「こんなに濡らして…検査で感じているのか?」イきたくないのにイかされて…冷酷な看守によって淫らに調教される私の身体…。
最上部へ