五億ユーロの花嫁

失踪した父親の手によって、自身の身が融資の担保にされていたと知ったリディア。父が残した莫大な債務の肩代わりに、かつて私を侮辱した傲慢な大富豪ラウルと結婚しろというの!? 彼は昔と変わらないクールな目でリディアを見据えると2年間の契約結婚を提案し、応じなければ彼女の愛する祖母の家を差し押さえると告げてきた。覚悟を決めたリディアが条件をのむとラウルは彼女をマドリードにつれて行き、大勢のマスコミの前で結婚の宣言とともに熱いキスをしてきて!?

最上部へ