十字架のろくにん

7巻まで配信中
作品のあらすじ

人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 「俊、改心した者は見逃せ。人には生まれ変わるチャンスが必要や。」 「じいちゃん、僕は奴らが変わってないことを祈るよ。」 ──人ならざる化け物たちを斃すため、少年もまた、人ならざる何かに成った。 “実験体A”と名付けられ、同級生5人から嬲られる日々。小学6年生の漆間俊は、壮絶ないじめに苦しむ「地獄」の中にいた。だが、そこには兄想いの弟と、子を守る父母という「救い」があった。あの日、5人の化け物たちが、鬼畜の所業で家族を奪い去るまでは……。やがて、全てを失い、真の地獄を見た俊の中に暗い「願い」が宿った。戦時中、秘密部隊に所属した祖父の指導の下、生まれ変わる少年。そして4年が経った時、彼は因縁の敵の前に姿を現す……。この復讐は誰にも渡さない。

1

十字架のろくにん   1巻

価格:600pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 「俊、改心した者は見逃せ。人には生まれ変わるチャンスが必要や。」 「じいちゃん、僕は奴らが変わってないことを祈るよ。」 ──人ならざる化け物たちを斃すため、少年もまた、人ならざる何かに成った。 “実験体A”と名付けられ、同級生5人から嬲られる日々。小学6年生の漆間俊は、壮絶ないじめに苦しむ「地獄」の中にいた。だが、そこには兄想いの弟と、子を守る父母という「救い」があった。あの日、5人の化け物たちが...
2

十字架のろくにん   2巻

価格:600pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 「俊、改心した者は見逃せ。人には生まれ変わるチャンスが必要や。」 「じいちゃん、僕は奴らが変わってないことを祈るよ。」 ──人ならざる化け物たちを斃すため、少年もまた、人ならざる何かに成った。 家族を殺され、地獄に落とされたあの日から4年――。憎き5人の仇の一人、千光寺克美を最初の標的に定めた漆間俊は、仇と同じ高校に通い、時機を待った。「改心した者は見逃せ」と諭す祖父への義理を果たすために。しかし...
3

十字架のろくにん   3巻

価格:600pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 「俊、改心した者は見逃せ。人には生まれ変わるチャンスが必要や。」 「じいちゃん、僕は奴らが変わってないことを祈るよ。」 ──人ならざる化け物たちを斃すため、少年もまた、人ならざる何かに成った。 改悛の情を示さなかった千光寺を“最初の獲物”として仕留めた漆間俊は、すぐに次なる標的を定めた。右代悠牙──売春斡旋や麻薬売買にまで手を染める大悪党になっていた仇敵を狩ろうと動き出す俊。だが、右代のグループに引...
4

十字架のろくにん   4巻

価格:630pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 千光寺に続いて右代を血祭りにあげ、俊は、仇のうち二人を屠った。だがそれは、残る3人に「俊が復讐に動き出した」と告げるに等しかった。結果、一番ビビリの円比呂が反応し、虚勢を張って俊に「宣戦布告」する。折しも、小学校時代の同級生・白川要と文化祭の劇の主役に選ばれた俊は、稽古の期間、復讐を休むのだが……。文化祭当日、妨害工作に現れた円のどす黒い欲望が要に向かい――。
5

十字架のろくにん   5巻

価格:630pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 次なる標的を久我大地に定めた俊。だが、自宅を放火される逆襲を受け、頼みの綱の祖父が重傷を負ってしまう。おまけに、刑事と同居することになるという逆境の中、柔道部の黒澤と接触した俊は、その幼なじみ・杉崎杏奈が、久我に狙われていることを知る。敵攻略の糸口に彼女の身辺を探り始める俊。すると、二人の意外な関係が見えてきて――。
6

十字架のろくにん   6巻

価格:630pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 久我と杏奈の関係を知った俊は、彼女を使い久我をおびき寄せる。そして、久我の得意とする柔道で、完膚なきまでに叩きのめし、シャコを使った処刑法で仇を取る寸前まで至ったのだが…。思わぬ妨害で久我を逃し、さらなる犠牲者を生んでしまう…。自責の念に苛まれる俊。そんな彼の背後に、悪鬼の如き久我の影が迫り――。
7

十字架のろくにん   7巻

価格:630pt

あらすじ
人は、殺してもいい?    「別マガ」沸騰の新星・中武士竜が描く、背徳の復讐サスペンス! 4人目の仇・久我との戦いは終わった。だが、その代償は大きすぎるものだった。一瞬の隙で無辜の血が流れ、さらには贖い得ない“罪”まで生まれてしまう。重すぎる十字架を背負った俊は、周囲との関係の清算を図り、最後にして最凶の敵・至極京の跡を追う。だが、当の京が、4年ぶりに意識を取り戻した弟・翔の病室に現れ、戦慄の対面を果たすのだった……。

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く