アルプススタンドのはしの方

名作戯曲を新人・森マシミが瑞々しく描く! 青春って、誰にでもあるものだと思っていた―― 第63回全国高等学校演劇大会で文部科学大臣賞(最優秀賞)を受賞し、 現在も全国の高校でリメイクされ、さらに7月24日から 全国での映画公開も決まっている 名作戯曲『アルプススタンドのはしの方』。 その戯曲を、瑞々しい表現を得意とする 期待の新人・森マシミがコミカライズ化! 全国大会を諦めてしまった演劇部部長・安田あすは、 天才の存在によって退部を決めた元野球部・藤野富士夫、 野球部エースへの恋を諦めかけているガリ勉帰宅部・宮下恵、 全国大会で主役をやるはずだった演劇部・田宮ひかる。 そんな、青春を「諦めて」しまっている四人がメインのこの物語。 甲子園を目指す野球部の試合の応援に行くかどうかを巡り、 彼らの、たった一度の夏が動き出す――!

最上部へ