いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 無料

6巻完結!
作品のあらすじ

中学校の教師となった相沢は、同窓会でいじめを受ける元凶となった鈴木と再会する。「いじめられる方に原因がある」と言い放つ鈴木に対し、「変わっていなくてよかった」と安堵する相沢。20年前、僕をいじめたお前の最愛の娘が自分の教え子だとも知らずに…

1

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt→300pt

あらすじ
中学校の教師となった相沢は、同窓会でいじめを受ける元凶となった鈴木と再会する。「いじめられる方に原因がある」と言い放つ鈴木に対し、「変わっていなくてよかった」と安堵する相沢。20年前、僕をいじめたお前の最愛の娘が自分の教え子だとも知らずに…
2

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt

あらすじ
「見てよ鈴木くん、20年前に僕に与えた罰を最愛の娘が受けているんだよ」エスカレートしていく詩織へのいじめ。ほんの数日前まで親友だと思っていた友達はもういない。抵抗する気力も失い、自らに原因があると自己否定へと向かう。20年前の僕と同じ状況だ…。
3

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt

あらすじ
「理由なんて関係ない。いじめる方が悪なんだ。」それなのに常に我慢を強いられるのは被害者ばかり。もう我慢する必要なんてないんだ。いじめた人間は罰を受けるべきだから…。君が望むなら、相手にも一生消えない傷を負わせることができる。
4

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt

あらすじ
「いじめをした人間に更生なんて望んでいない、ただ罰してほしいだけだ…。」何年経っても忘れることのできない当時の痛みや苦しみ。しかしいじめた側はそんなことを微塵も気にせずに人生を送り続けている。綺麗ごとはやめよう、この世からいじめをなくしたいのならば…。
5

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt

あらすじ
「20年前、あの教室でずっと願っていた。君達のような存在がいたら…と。」自らの過ちを後悔し謝罪をする者、損得なしに救いの手を差し伸べてくれる仲間、そんな人間がいれば僕と君の人生も何か変わっていたのだろうか…。
6

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が...

価格:600pt

あらすじ
後悔はしていないのかい? 何度も変わるチャンスはあったはずだ…。でも君みたいな人間は、いつだって大切なものを失ってから気付くんだ。さあ、改めて聞かせてくれないか。「いじめる人間といじめられた人間、どっちが悪いのか?」君の答えを…。

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く