現実主義勇者の王国再建記

9巻まで配信中
作品のあらすじ

異世界に突如として勇者召喚された相馬一也。 だが、彼の“勇者”としての冒険は――始まらなかった。 国王から国家の抱える危機と課題を聞き出した彼は、 持ち前の現代の知識を活かし富国強兵策を提案。すると…… 「召喚されし勇者ソーマ・カズヤに王位を譲る!」 なんと、あろうことか国王より譲位されてしまう。 さらに王女をソーマの婚約者にすると発表され――!? 若き国王ソーマと腹心の仲間とが共に国家の再興を 目指す異世界本格内政ファンタジー開幕! 巻末にソーマとリーシアの前日譚を書き下ろし収録!!

1

現実主義勇者の王国再建記   1巻

価格:640pt

あらすじ
異世界に突如として勇者召喚された相馬一也。 だが、彼の“勇者”としての冒険は――始まらなかった。 国王から国家の抱える危機と課題を聞き出した彼は、 持ち前の現代の知識を活かし富国強兵策を提案。すると…… 「召喚されし勇者ソーマ・カズヤに王位を譲る!」 なんと、あろうことか国王より譲位されてしまう。 さらに王女をソーマの婚約者にすると発表され――!? 若き国王ソーマと腹心の仲間とが共に国家の再興を 目指す異世界本格内政ファンタジー開幕! 巻末にソーマとリーシアの前日譚を書き...
2

現実主義勇者の王国再建記   2巻

価格:620pt

あらすじ
勇者召喚されるやいなや王位を譲られた相馬一也は、持ち前の現実主義的視点と現代知識で食料難をはじめとする数々の問題を解決していく。 国家の改革は順調に進んでいるように思われたが……まさかの災害がソーマの国を襲う!! 「任せろ。救える命は、救える限り、救ってみせる!」 王の重責に苛まれるソーマに追い打ちをかけるように陸・海・空軍を統べる“三公”との対立が激化し――!? 襲い掛かる困難を仲間と共に乗り越えていく異世界本格内政ファンタジー第二幕!
3

現実主義勇者の王国再建記   3巻

価格:620pt

あらすじ
若き国王ソーマが推し進める改革により国内の民が恩恵を受ける一方、 既得権益を持つ貴族たちの不満が限界を超えつつあった。 隣国のアミドニアも不穏な動きを見せる中、秘密裏に開催された“三公”との会談は物別れに終わる。 戦いが不可避な状況にソーマは遂に決断する!! 「さあ、征伐を始めよう――」 内戦が勃発し、各陣営の思惑が激しく交錯する異世界本格内政ファンタジー第三幕!
4

現実主義勇者の王国再建記   4巻

価格:620pt

あらすじ
泥沼の内戦へ突入したエルフリーデン王国。 禁軍、陸軍、空軍入り乱れる戦場では若王ソーマの想いとは裏腹に陸軍大将カーマインの遠大な計画がすべてを支配していた……。 「我がこと成れり」 さらに失地回復を目論む隣国の蠢動もあり終わりの見えない戦いの先に待つものは――!? 権謀術数渦巻く戦場を強き願いを胸に駆け抜ける異世界本格内政ファンタジー第四幕!
5

現実主義勇者の王国再建記   5巻

価格:620pt

あらすじ
カーマインとの内戦に決着を付けたソーマは 間髪入れず、混乱に乗じ攻め込んできた アミドニア公国への反撃を開始する。 一計を講じてアミドニア軍を疲弊させ 勝利は確実となったが、死兵と化した 国王ガイウス八世の決死の刃が ソーマの喉元に迫ろうとしていた――!! 「貴様を倒し  王国を滅ぼしてくれん!!」 非情なる戦場で 新たなる決意を胸に立ち向かう 異世界本格内政ファンタジー第五幕!
6

現実主義勇者の王国再建記   6巻

価格:620pt

あらすじ
武王・ガイウスとの苛烈なる戦いに決着がつき内戦から長きに渡る戦争はついに終焉を迎えた。 その後アミドニア公国の首都・ヴァンを占領下に置き、ソーマは戦後処理に着手する。 「ここからが国王にとっての本番だ」 手始めに、王国軍を敵視するヴァンの市民に奇策を用いて、その心を解きほぐすソーマ。 戦を通じ得た、仲間の大切さを心に刻み、王として次への一歩を踏み出していく……。 戦の業火を突き進み新たな時代を導いていく異世界本格内政フォンタジー第六幕!
7

現実主義勇者の王国再建記   7巻

価格:620pt

あらすじ
グラン・ケイオス帝国――大陸で最大の領土を誇り対魔族共闘を掲げる「人類宣言」の盟主国家。 アミドニアは「武力による国境線の変更を認めない」 という人類宣言の条文を盾に、その帝国の威光を以てヴァン返還を要求してくるが、ソーマは一蹴。 そして、使者としてやってきた帝国女皇の妹・ジャンヌとの交渉が始まる。 「我が国は帝国と二国間同盟を結びたい それも秘密裏にだ――」 戦争という嵐の過ぎ去った後、国家の思惑が静かに火花を散らす異世界本格内政ファンタジー第七幕!
8

現実主義勇者の王国再建記   8巻

価格:620pt

あらすじ
ヴァンの返還交渉を終え王都に帰還したソーマは内乱の主犯であるゲオルグ・カーマインと対面する。 大罪を犯した真意を問いただすもゲオルグは黙秘。ソーマは男に“毒酒”を差し出すしかなかった――。 そして、残る罪人カストールの裁判が開催される。 「俺に反旗を翻した愚か者どもを……どう裁くのが適切だと思うか?」 面従腹背の者たちが死罪を叫ぶ中、ソーマの下した決断とは――。 守るべきものを守るため王としての覚悟が問われる異世界本格内政ファンタジー第八幕!
9

現実主義勇者の王国再建記   9巻

価格:620pt

あらすじ
アミドニア新公王ユリウスは奪還したヴァンに対し、圧政を敷く。だが、一度“自由”を謳歌した民衆の反発を招いてしまい各地で反乱が勃発。 ソーマは、民衆に請われる形でヴァンを再占領、さらに全土を併合し「フリードニア王国」とした。 この事態に“人類宣言”の盟主は黙っておらず、詰問する女皇マリアに対しソーマは遂に語る―― 「これこそ“人類宣言”の落とし穴なのです」 掲げられた「理想」に潜む矛盾を。 新たな人材が国を動かす力となり更なる変革に突き進む異世界本格内政ファンタジー第九幕!

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く