ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

40巻まで配信中
作品のあらすじ

昭和26年、京都。歴史ある料亭の長女・いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めている。料亭「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。その結婚相手のはずだったいち日の妹は、結婚を嫌がって料理人と駆け落ちしてしまう。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日――。年の差夫婦が織りなす、旨し麗し恋物語!

1

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
昭和26年、京都。歴史ある料亭の長女・いち日(34歳)は、夫を戦争で亡くし、調理師としてホテルに勤めている。料亭「桑乃木」は経営破たん寸前で、資金を提供してもらうため、大阪の有力者の家の三男・周(19歳)を婿として迎えることに。その結婚相手のはずだったいち日の妹は、結婚を嫌がって料理人と駆け落ちしてしまう。15歳も年下の婿を迎えることになったいち日――。年の差夫婦が織りなす、旨し麗し恋物語!
2

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
老舗料亭・桑乃木を立て直すための政略結婚。本来は妹のふた葉に来た縁談が、いち日に回ってきてしまい、15歳下の夫と再婚する事になったいち日。亡くした夫を忘れられないいち日は「私には好きな人がいます」と伝えるが、婿の周も「ぼくにもいます」と答え…。お互いに心が通い合うことはないまま、結婚式の日が訪れる。
3

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
桑乃木のことを古臭いとこきおろした周だったが、いち日の料理を食べてその美味しさに感動する。そして、いち日がここで料理をしてくれるなら「ぼくがこの店を立て直す」と言い出す。しかしいち日は周のことがまだ信用できないでいた。そんな二人が初夜を迎えることに――。
4

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
客が離れている桑乃木を立て直すという周。しかしいち日はまだ彼を信用していないと告げる。ある日、GHQを接待するために桑乃木を使わせてほしいという打診が。ゲストは勤め先のホテルでいち日も会ったことがあるモーガン女史。料理人は彼女指定の外国人で、桑乃木は場所を貸すだけという屈辱的な申し出に対し――。
5

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
桑乃木でのGHQ相手の接待の宴。ゲストは「日本人の作ったものを食べない」モーガン女史。本来は桑乃木は「場所貸し」だけで、料理を出すことは断られていた。しかし周の提案で、いち日が作った料理を一品だけ出せることに。いち日の作る料理は彼女の心に届くのか…。
6

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
モーガン女史に出したデザートは彼女をとても満足させ、そのことが評判となって、桑乃木には外国人関係のお客さんが増えだした。しかしそのことを嫌がった料理長が辞めてしまう。料理長が辞めるということは、連れている料理人全てが桑乃木からいなくなるということ。開業以来の大ピンチに――。
7

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
料理長が辞め、料理人がいなくなってしまった桑乃木。そんな中、アメリカと日本女性の交流会で、総勢40名の客を迎えることになり、いち日は自分が厨房に入る決心をする。料理人ひとりで40人ものお客さんを迎えるため、いち日が工夫したメニューとは…?
8

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
料理人いち日ひとりでもてなす、アメリカと日本女性の交流会。前日までに仕込みを終わらせられる料理を工夫するなどして、交流会はうまくいっているように見えたが、周は「このままでは失敗」と言う。日米間の交流をさらに促す最後の一手とは…?
9

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
桑乃木で開かれたアメリカと日本女性の交流会。いち日は自分が厨房に入り、料理を工夫して、会は大成功に終わった。しかしその成功を報じる記事で、いち日が桑乃木の厨房を仕切っていたことも明らかにされ、心無い中傷なども届くことに。記者にリークした周に腹を立てるいち日。そんな中、周の20歳の誕生日が近づき…。
10

ながたんと青と-いちかの料理帖- プチキス

価格:120pt

あらすじ
新しい料理長も見つからず、店を開けることができないでいる桑乃木。周の言葉で、自分がホテルを辞めて料理長として桑乃木に入ることを真剣に考え始める。自分が西洋料理を志し、料理を習い、ホテルで働くようになった経緯を思い返すいち日。その時からの恩人であるホテルのシェフ・田嶋に相談し…。

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く