天を射る

著者 西荻弓絵飛松良輔
550pt / 巻
6巻完結! ジャンル: 男性
レーベル:ビッグコミックス
出版社 :小学館

“江戸のオリンピック”で天下一を射止めよ 京都「三十三間堂」本堂軒下。 全長約120mを端から端まで、矢を何本通せるか―― 「通し矢」は藩と藩の面子を懸けた“江戸のオリンピック”。 これは「堂射(どうしゃ)」とも呼ばれた弓術競技で 天下一を目指した若者達の青春の物語―― 主人公の勘左(星野勘左衛門:ほしのかんざえもん)は 尾張藩貧乏武士の三男坊。 長兄・次兄に比べて取り柄のない勘左は、 「堂射で天下一を成し遂げれば 立身出世も思いのまま」 と言われても、「自分の夢」とは無縁だと思っていた。 ある日、「

最上部へ