迷える家庭教師

臨時の住み込み家庭教師となったアルシア。雇い主のクラークは3年前に妻を事故で亡くし、男手ひとつでふたりの子を育てている。最近、成績が急激に落ちこんだという12歳の兄と、家族にだけ耳元で話す3歳の妹。子どもたちを過保護なまでに束縛するクラークの姿に、アルシアは違和感を覚えた。問題だらけだった私の家族とは全然違うのに…なぜほころびを感じるの? この家族をほうってはおけないわ。クリスマスをきっかけに家族の絆をアルシアが繋ぎあわせて――。

最上部へ