『ホラー シルキー』コミック一覧

ホラー シルキー サナギ 著者愛田真夕美
「いつか 一緒に見ようね――」とても綺麗だというオオゴマダラチョウのサナギを一緒に見る約束を、幼い日に初恋の女の子と交わした微かな記憶。体調を崩して薄暗い荒れた部屋に閉じこもり、外に出ることもなく、廃人のような生活を送っていたヒデアキは、いつからか幾度となくその昔の夢を見るようになっていた。ある日、外で騒いでい...
ホラー シルキー 人魚姫のひみつ 著者かずはしとも
人魚のリーセには、仲間に秘密の宝物があった。それは沈没船に積まれていた美しい青年の絵。彼女は「人間に近づいてはいけない」という人魚族の掟に背いて海辺の城へ通い、絵によく似た王子の姿を遠くから眺めることを小さな幸福としていた。子どもの頃に王子に助けられて以来の片想いだった。王子への想いと人間の世界への興味がつのっ...
ホラー シルキー 禁忌怪談 著者大橋薫
「幽霊といじめはとてもよく似ている、どちらも見ようとしなければ気づかない――」転校生の犬上黄泉香は田舎の高校に転校して「いじめ」の洗礼を受ける。いじめに気づいてくれた教師・水沢先生から、この町は異様で陰湿で怖い禁忌がやたら多く、神隠しが多いことを聞く。例えば決して振り向いてはいけない「置いてけの道」。振り返れば...
ホラー シルキー ゴーストD・J 著者山下友美
T州の人気ラジオ局KTUNの伝説的人気D・J、ドナルド・ウォーカーに代わってゴールデンタイムの番組を受け持ったブラッド・スリング。霊と会話できる、という触れ込みの彼には「ゴーストD・J」という異名がついていた。ゴールデン初日の番組内で「久しぶり」と話しかけてくるリスナーからのリクエストにブラッドの顔色は一変する...
ホラー シルキー 失恋禁忌 著者大橋薫
華やかな社会人生活と出会いを夢見てた森山恵里は、田舎の小さな事務所で不平不満の毎日を過ごしていた。かなり年上のお局様先輩に超イケメンの彼氏がいることがどうしても許せない。「ずるい」「私の方が」身勝手な横恋慕が恵里を暴走させていく。これは恋なのか、憎しみなのか、呪いなのか? (40P)(この作品はウェブ・マガジン...
ホラー シルキー おれん家フォークロア 著者楠桂
人はそれが何者だかよく顔の見えない誰そ彼(たそがれ)時に怪異と出会う。山で、川で、森で、海で、時には道端で草むらで、何か不気味な正体不明の怪異と出会う。けれどおれ百鬼(なきり)哲の場合、怪異はたいてい実家にいる。そう、おれん家は変なのだ。今日も今日とて家中を何かが彷徨(うろつ)き、足をつかみ髪をひっぱり呪う相手...
最上部へ