裁きの日~幸福の女神が微笑むとき~

ラークは今人生最大の窮地に立たされていた。すべては会社の金を横領して自殺した従兄弟のせい。彼女は共犯の嫌疑をかけられてしまったのだ。相手側の代理人は、〈正義の番人〉と呼ばれる弁護士ジェームス・ウルフ。それが本当なら私の話を聞いてくれるに違いない。無実の罪を晴らそうとラークは彼の元へ向かった。ジェームスが冷徹で執念深く用意周到な策略家であり、何よりも他者を圧倒するほどの美貌で、この先ラークの女心を翻弄する罪深き男だとも知らずに――。

最上部へ