おしかけ王子は2度おいしい 無料

14巻まで配信中
作品のあらすじ

どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 残業三昧で不眠の果て、結婚直前と思っていた恋人に振られてしまったアラサーのゆり。どん底な帰り道、倒れていた少年を助けて寝落ち…目覚めると、突然イケメンからの「おはよう」が!? 不思議なハイスペ年下男子との強引LOVE!

1

おしかけ王子は2度おいしい   1巻

価格:150pt

あらすじ
  •  
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 残業三昧で不眠の果て、結婚直前と思っていた恋人に振られてしまったアラサーのゆり。どん底な帰り道、倒れていた少年を助けて寝落ち…目覚めると、突然イケメンからの「おはよう」が!? 不思議なハイスペ年下男子との強引LOVE!
2

おしかけ王子は2度おいしい   2巻

価格:150pt

あらすじ
  •  
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 傷を癒やしてくれるイケメンが突然あらわれた?? あれは夢?かと思ったけれど、ゆりが会社から帰ると美味しいごはんを作って待っていてくれるレンの姿が! なにやら事情を抱えるレンに、立ち退きが決まっている今月中ならと同居を認めるゆり。子供姿で一緒に寝てくれると、ゆっくり眠れることにゆりは気づいて――
3

おしかけ王子は2度おいしい   3巻

価格:150pt

あらすじ
  •  
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? レンがゆりの借金を完済、「家に置いてもらう代わりに癒やしを与える」取引関係を結んだふたり。美味しいご飯と安眠でぐんぐん健康になるゆりだけど、振られた恋人・浅見が結婚間近、実は自分は二番目だったと知り大ショック。その場に居合わせたレンは、浅見にひとあわふかせようとして――――。社畜OLゆり、はじめて会社をサボってちびレンとデートへ!
4

おしかけ王子は2度おいしい   4巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 上司でもある元彼・浅見の婚約パーティーの手伝いをすることになったゆり。レンが買ってくれたドレスで気合いを入れてお仕事!と思ったら、浅見がゆりに声をかけてくる。「俺がまだ、未練が残っているといったら、どうする?」。その瞬間、浅見からゆりを守ったのは正装したレンで!? レンの正体がついに明らかに!
5

おしかけ王子は2度おいしい   5巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 会社の後継者の座を狙う浅見の企みによって、今の体になってしまったレン。すべての事情をしったゆりは、レンが元に戻れるよう協力することを約束。最初はゆりを利用する気満々だったレンだけど、気づいたらゆりへの恋心がMAXに…!? 「ゆりが泣くのも笑うのも、全部俺のせいがいい」。
6

おしかけ王子は2度おいしい   6巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 元彼・浅見の専属秘書に指名されてしまったゆり。浅見の企みを暴こうと夜の社内で動いていると、浅見に見つかってしまい―――!? 「君のことが忘れられそうにない」、ゆりに復縁を迫る浅見に、ガチギレしたレンは!?
7

おしかけ王子は2度おいしい   7巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? レンとすれ違ってしまったまま、ゆりは浅見とともにリゾートホテルでの接待へ―――とそこにハイヤーに乗ったちびレン登場!! 浅見の婚約者・彩花も加わり、リゾート接待は思わぬ方向へ…!? 「…なぁゆり、また俺と一緒に寝てくれる?」
8

おしかけ王子は2度おいしい   8巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? リゾート接待後、なぜか浅見の婚約者・彩花と仲良くなったゆり。復縁を迫ってくる浅見に、自分との過去はきっぱり忘れるようはっきりと伝えるが、何か事情がありそうで…疲れたゆりを癒してくれるのは、もちろんお家で待っているレン!!
9

おしかけ王子は2度おいしい   9巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 現会長・じーちゃんと浅見の対立は「キサラギ」の経営危機によるものだと知ったレンとゆり。浅見の彩花との結婚も会社を守るためと知り、社会人として先を進む浅見に悔しさをにじませるレン。ゆりのため、じーちゃんのため、レンはある決意を…!?
10

おしかけ王子は2度おいしい   10巻

価格:150pt

あらすじ
どん底社畜OL、拾ったハイスペ男子に心も体も癒やされて…? 「俺にはあんたが必要なんだ」――キサラギ存続のために大手との統合を目論む浅見に対し、独立を宣言したレンは仕事のパートナーとしてもゆりを選ぶ。一緒に進んでいくことを決意したゆりは、年の差も身分差も超え、レンへの想いをおさえきれなくなって…!? 「レンのことが、好きです」。ついに両想いになったふたりは…!!

※コミックデータが読み込めない場合はこちら

応援メッセージ 応援メッセージを書く